2011年07月05日

松本復興相が辞任…「言葉荒かったのは不適切」

松本復興相が辞任…「言葉荒かったのは不適切」読売新聞 7月5日(火)9時19分配信

辞任の記者会見をする松本復興相(5日午前9時53分、東京・霞が関で)

 松本復興相は5日朝、菅首相に首相官邸で会い、辞任する考えを伝えた。兼務の防災相も辞任する。

 首相は慰留したが、最終的に了承した。

 松本氏は、東日本大震災の被災地の視察で3日、岩手、宮城両県知事に会った際、「知恵を出さないやつは助けない」などと述べ、宮城県知事が不快感を表明するなど、被災地で反発が広がっていた。野党は国会で、菅首相の任命責任を含めて追及する方針だ。政府の復興の取り組みへの影響も予想され、首相に対する退陣圧力がさらに高まるのは必至だ。

 松本氏は首相との会談後、内閣府で記者会見し、「被災者とは人一倍寄り添っているつもりだったが、言葉が足りなかったりして、被災者の心を痛めたことを本当におわび申しあげたい。言葉が足りなかったり、荒かったりしたのは不適切だった」と述べ、一連の発言を改めて謝罪した。

 辞任の理由を問われると、「個人的な理由なので話せない」と述べた。

 復興については「岩手でキックオフして、3日でノーサイドになった。相変わらず嫌いな与野党だが、心を合わせて復興に取り組みたい」と述べた。

 松本氏は、東日本大震災の復興に取り組む復興相に、防災相と兼務する形で6月27日に就任した。政府の「復興対策本部」(本部長・菅首相)の副本部長に就任した。

 首相は5日午前の閣僚懇談会で、「(松本氏の)意志が固いので、(辞表を)受理した」と報告した。 最終更新:7月5日(火)10時10分

松本龍(まつもと りゅう、1951年〈昭和26年〉5月17日 - )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣府特命担当大臣(防災担当)。

部落解放同盟のナンバー2として知られる。

衆議院国会等の移転に関する特別委員長、衆議院環境委員長、環境大臣(第15代)などを歴任した

福岡県福岡市出身。部落解放の父と呼ばれた松本治一郎の養孫。実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。

福岡市立馬出小学校から福岡市立福岡中学校、福岡県立福岡高等学校を経て中央大学法学部政治学科卒業。1980年、父松本英一(参議院議員)の秘書となる。

松本龍 (政治家) - Wikipedia続きを読む


posted by 夢見るまま at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

10年度税収41.5兆円=純剰余金1.5兆円を補正財源に

10年度税収41.5兆円=純剰余金1.5兆円を補正財源に時事通信 7月1日(金)13時4分配信

 財務省が1日発表した2010年度の一般会計決算概要によると、国税収入は41兆4868億円で、補正後の見積もりを1兆8438億円上回り、2年ぶりに40兆円台を回復した。世界経済の回復に伴う企業収益の改善で、法人税収が想定以上に伸びたのが主因。
 税収上振れにより、10年度決算では2兆106億円の剰余金が発生。うち5454億円を11年度第2次補正予算案で地方交付税の増額分に回す。残りの純剰余金1兆4651億円は全額を2次補正の財源に充当する。財政法は純剰余金の半額以上を国債の元利償還に充てると規定しており、全額活用を認める特例法案を国会に提出する。 

)節電初日さっそく効果、前日の需要を下回る

熱中症に気をつけましょう

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11
posted by 夢見るまま at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農林水産被害、2兆円突破=農水省

農林水産被害、2兆円突破=農水省時事通信 7月1日(金)19時25分配信

 農林水産省は1日、東日本大震災による農林水産関係の被害総額が2兆1005億円に達したと発表した。津波で漁船や漁港、養殖施設などが壊滅的な打撃を受けた水産関係の被害額が1兆2074億円と全体の5割を超えた。
 農業関係は、農地・農業用施設などで7137億円、林野関係が木材加工・流通施設などで1284億円の被害が出た。 

)節電初日さっそく効果、前日の需要を下回る

熱中症に気をつけましょう

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11
posted by 夢見るまま at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電、8月末の供給力を下方修正 予備率わずか1・1%に

東電、8月末の供給力を下方修正 予備率わずか1・1%に産経新聞 7月1日(金)16時58分配信

 東京電力は1日、7、8月の電力需給見通しを発表した。5月13日時点では8月末時点の電力供給力を5620万キロワットと見込んでいたが、5560万キロワットに下方修正した。各地で定期検査中の原子炉の運転再開が難しくなっており、他の電力会社からの融通分を除外した。

 夏の最大電力需要見通しである5500万キロワットは上回るものの、供給の余裕度を表す予備率は8月末は1・1%に落ち込む。適正水準の8〜10%を大幅に下回り、電力需給は“綱渡り”が続くことになる。

 一方、7月末の供給力は5680万キロワットと5月時点の5520万キロワットから上方修正した。東日本大震災で被災した火力発電所の復旧を前倒しすることで、供給力を確保する。ただ、8月には柏崎刈羽原発(新潟県)の2基の原子炉が相次いで点検に入るため、供給力は7月を下回る。

)節電初日さっそく効果、前日の需要を下回る

熱中症に気をつけましょう
タグ:東京電力
posted by 夢見るまま at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

<節電>37年ぶり電力使用制限令を発動 東電、東北電管内

<節電>37年ぶり電力使用制限令を発動 東電、東北電管内毎日新聞 7月1日(金)11時13分配信

主な電力使用制限令の除外・緩和対象※適用除外は制限自体がかからず、削減率0%は最大使用電力を昨夏並みに制限

 政府は1日、東京電力、東北電力管内で電気事業法に基づく電力使用制限令を発動した。第1次石油危機時の74年以来、37年ぶり。最大使用電力の昨年比15%削減が義務づけられる大企業や工場などの大口契約者は、始業や終業時間を早める「サマータイム」や休日シフトといった節電策を本格的にスタートさせた。

 東電管内は9月22日、東北電管内は9月9日まで、いずれも平日午前9時〜午後8時が対象。救急治療を行う医療施設や災害救助法に基づく避難所などを適用除外とし、その他の医療施設や鉄道、上下水道施設、ホテル・旅館など約30分野は削減率を10%、5%、0%(昨年夏のピーク時の使用電力が制限値)の3段階で緩和する。

 気象庁によると、7〜9月の気温の見通しは東日本で「平年並み」が40%、「平年より高い」が30〜40%。西日本では「平年並み」30〜40%、「平年より高い」30〜50%。昨年を超える猛暑で綱渡りの電力需給が続きそうだ。

 海江田万里経済産業相は1日の記者会見で「産業界に負担をおかけするが、お力添えをしていただき、家庭の皆様方にも節電をお願いしたい。熱中症には十分気をつけていただきたい」と呼びかけた。【浜中慎哉、久田宏】


熱中症に気をつけましょう

6/30<猛暑>熱中症で4人死亡 18都県で309人搬送
posted by 夢見るまま at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。