2020年08月31日

次の総理大臣には、やっぱり菅官房長官がベストと考える理由 岸 博幸 2020/08/31 06:00

次の総理大臣には、やっぱり菅官房長官がベストと考える理由 岸 博幸 2020/08/31 06:00
安倍政権の功績は高く評価すべき
 安倍晋三総理大臣の突如の辞任表明には本当にびっくりしました。既にメディアやネットでは、安倍政権の7年8カ月を総括するさまざまな意見が飛び交っていますが、私は、これまでこの連載で散々文句は言ってきたものの、やはり安倍政権を振り返ると多くの成果を挙げたのは事実であり、その点については素直に賞賛すべきだと思っています。

 例えば、アベノミクスにより株価は2倍になって、失業率も半分に低下しました。辞任を表明したら日経平均株価が600円以上下落したのは、金融市場が安倍政権を評価していた証左です。

 また、外交・安全保障では、確かに悲願であった拉致問題や北方領土問題の解決はできませんでしたが、日米同盟の強化はもちろん、これだけ世界における日本の総理大臣のプレゼンスを高めた人はかつていなかったことを考えると、その功績は高く評価すべきです。

もちろん、安倍政権には問題点が多かったのも事実です。特に経済政策は金融緩和と財政出動にばかり頼り、構造改革をほとんど進めなかったことと、官邸主導を政治主導ではなく、「一部の官僚主導」に変質させてしまったことは、次の政権にとっても大事な反省材料ではないでしょうか。

 いずれにしても、安倍総理には本当にご苦労様でしたと言いたいです。当面は治療に専念していただき、早く元気になって悲願である憲法改正などの課題に一議員として取り組んでほしいと思います。

次の総理が最優先で取り組むべき課題は何か
 さて、安倍総理の辞任を受けて自民党の総裁選が行われることになりますが、それでは誰が次の総理にふさわしいでしょうか。個人的には、次の総理に求められる政策から逆算すると、菅義偉官房長官しかないと思います。

 そもそも、次の総理がまず最初に取り組むべき課題は何でしょうか。もちろん外交・安全保障でも課題は山積みですが、緊急度という点ではやはりコロナ対応が最優先になると思います。

 コロナ対応を因数分解すると、感染防止策と経済再生策の二つに分類できます。

 感染防止策については、安倍総理が辞任会見で冬の再流行に向けた対応策を発表しましたが、最も重要な政策が抜けています。それは特措法(新型インフルエンザ対策等特別措置法)の改正です。感染防止の主役は政府より自治体の首長なのですから、次の再流行の前に早く改正すべきです。

 この特措法の改正の必要性は数カ月前から明らかなのに、なぜ政府は改正しようとしないのでしょうか。直感的には厚労省が改正したがらないからだと思います。特措法改正は、感染症対応を中央集権から地方分権に直す大きな改革となるので、ただでさえコロナ対応で忙しい中、官僚の立場からはそんな面倒臭い法律改正はやりたくなくて当然です。

 ただ、官僚の思惑なんて知ったことではありません。そもそも安倍政権のコロナ対応が後手後手に回ったのも、厚労省の動きの悪さと遅さにあることを考えると、次の総理には、嫌がる厚労省にこの大改革をやらせる政治的意思と腕力が必要となるのです。

 次に経済再生策については、4〜6月の経済成長率の大幅な落ち込みを踏まえてGDPの数字を計算すると、何よりも必要となるのは再度の大規模な補正予算か、時限的な消費税減税です。ただ、当たり前ですが、そのどちらにしても財務省は非常に嫌がります。しかし、そのどちらかをやらないと、リーマン後のように世界の中で日本経済だけ立ち直りが遅れることとなりかねません。

 従って次の総理には、財務省の言いなりにならず、むしろ財務省にそれらを無理矢理にでもやらせる政治的意思と腕力が、ここでも不可欠となります。

 それに加えて、これまでの政府のコロナ対応での経済再生策は、一貫性がなく非常に場当たり的でした。この連載で前回書いた(『旅行業界は「振興」でエンタメは「規制」、一貫性ない政府のコロナ対策』)ように、同じサービス業で観光業は振興して、エンタメのイベントや飲食業は規制するという矛盾がその典型です。

 従って、その再整理を早急に行う必要があることを考えると、安倍政権の内部で政策に関わってきたという継続性も大事かと思います。

やはり菅官房長官がベストでは?
 このように考えると、個人的には、まず安倍総理の意中の後継者と言われる岸田文雄さんは次の総理として最もあり得ないと思います。というのは、そもそも岸田さんは政策的には財務省寄りという評判が以前からあるからです。

 かつ、岸田さんは、コロナ対応での国民への給付金をどうするかという議論の過程で、最初は全国民に10万円と考えていたのに、財務省の“ご説明”を受けて低所得層に1世帯当たり30万円という案を担いでしまったように、自分で信念を持って決断できない傾向があるようです。

 これでは、岸田さんには、厚労省や財務省に嫌がることを毅然とやらせることは期待できないと思います。

 となると、次期総理の主要候補の中では石破茂さんか菅さんのどちらとなるのですが、石破さんについては、確かに人気は高いものの、その庶民的なイメージとは異なり、政策に関しては役所の幹部のように堅い(真面目すぎる)部分がある、経済政策にはそこまで詳しくない、思想的には財務省寄りという評価をよく聞くことが気になります。

 つまり、消去法的に考えると、やはり官僚に強く出ることができて、政権・政策の継続性も担保できる菅さんが次の総理としてはベストとなります。最後は二階幹事長が石破さんと菅さんのどちらを選ぶかにかかっているのかもしれません。

 ちなみに、今度の総裁選では自民党の良識が問われていることを忘れてはいけません。官邸主導の長期政権が終わることもあり、もしかしたら今度の総裁選は派閥政治の復活のきっかけとなってしまうのかもしれません。また、選挙に弱い若手議員は、政策よりも次の選挙で自分が勝てるための“選挙の顔”で選ぼうとするかもしれません。

 コロナ禍という100年に一度の大変な状況の中で、万一にもそのような矮小な思惑で次期総理を選ぶようでは、自民党は国民に信頼されなくなり、廃れていくだけだと思います。それを見極めるためにも、総裁選のプロセスはしっかりと見届ける必要があると思います。

(慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 岸 博幸)
posted by 夢見るまま at 12:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする