2008年07月18日

牛114頭分、産地誤表示=JAS法違反も−三重・四日市

牛114頭分、産地誤表示=JAS法違反も−三重・四日市 2008年7月17日(木)15時45分配信 時事通信

 三重県と同県四日市市が出資する畜産公社が、「北海道産」などと表示すべき牛肉を「三重県産」と誤って表示し、出荷していたことが17日、分かった。

 日本農林規格JAS)法は最長期間肥育した場所を産地として記載することを定めているが、最終肥育地である三重県を産地として表示していた。農林水産省と県はJAS法違反による指導に向け、公社職員の聞き取り調査などを進めている。
 四日市市によると、公社は加工肉の産地表示システムが導入された2005年4月から3年4カ月の期間、ロースやヒレなど部位ごとにカットした2740頭のうち、114頭分について「北海道産」や「愛知県産」などと表示すべきものを「三重県産」として出荷していた。 



posted by 夢見るまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。