2008年09月02日

<福田首相>突然の辞任表明 後継は麻生氏軸に調整 中川氏が小池氏ら擁立も

【福田退陣】どうなる総裁選9月1日23時31分配信 産経新聞


 福田康夫首相(自民党総裁)の突然の辞任表明を受けて、自民党はただちに「ポスト福田」選出作業に着手する。数日以内に総裁選挙管理委員会が開かれ、総裁選日程が決まる。後継総裁候補としては、麻生太郎幹事長らの名前が挙がっているが、小池百合子元防衛相、町村信孝官房長官、鳩山邦夫前法相らが立候補する可能性もあり、情勢は混沌としている。

 自民党の総裁公選規程によると、今回のように総裁が突然辞任した場合には、総裁選が実施される。また、緊急を要する場合には、党大会に代わる両院議員総会でも選任できるが、今回は総裁選が実施される見通しだ。

 総裁選立候補には、候補者本人を除く党所属国会議員20人の推薦が必要。投票は、現在の国会議員387人(河野洋平衆院議長と山東昭子参院副議長を除く)と、各都道府県連3人の計528票を争う。都道府県の持ち票については、その地域の党員・党友が投じた票数に応じて、各候補に割り当てられる。開票の結果、過半数を獲得した候補者がいない場合には、上位2人の候補について、国会議員だけによる決選投票を実施する。

 後継首相を選ぶ自民党総裁選は国民的に知名度が高い麻生太郎幹事長を軸に展開されそうだ。ただ公明党は「麻生首相」を歓迎する向きが強いものの、自民党内には「麻生氏でも次期総選挙は厳しい」(中堅)との声もくすぶるなど「麻生後継」で一枚岩ではないのが実情。党内には、麻生氏への対抗馬に小池百合子元防衛相を推す勢力もあり、「短期決戦」の嚀帰趨(きすう)はなおも予断を許さないといえる。

 衆院の任期まで1年を残しているが、自民党内には「解散時期を先延ばしすればするほど選択の幅が狭まり、野党に追い込まれて解散となる」(閣僚経験者)と見方も根強い。公明党も来年夏に予定されている東京都議選への十分な準備期間を確保すべく年末・年始の解散を模索しており、自民党内では今後、国民の間で後継首相の「ご祝儀ムード」の冷めやらぬ間に衆院選に打って出る空気が加速する可能性がある。




<福田首相>突然の辞任表明 後継は麻生氏軸に調整 中川氏が小池氏ら擁立も9月1日23時30分配信 毎日新聞

辞任表明の会見後、退出する福田康夫首相

 福田康夫首相は1日午後9時半から、首相官邸で緊急に記者会見し、「新しい布陣の下、政策実現を図るためにきょう辞任を決意した」と述べ、首相を辞任する考えを正式に表明した。昨年9月12日に安倍晋三首相(当時)が突然、辞任表明したのに続き、福田首相も任期途中で政権を投げ出す異常事態になった。首相退陣に伴い、自民党総裁選に焦点が移るが、後継レースは自民党の麻生太郎幹事長を軸に進むとみられる。


 首相は「私が続けるのと、新しい人がやるのとでは、間違いなく違うと考えた」と辞任の理由を説明。「先週末に最終的な決断をした」とも語り、「政治空白を作らない一番いい時期だ」と強調した。麻生氏に総裁選の手続きを進めるよう指示したことを明らかにした。

 首相は8月1日に内閣を改造し、12日召集の臨時国会では総合経済対策、新テロ対策特別措置法の延長、消費者庁関連法案の成立などに取り組む意欲を示していた。しかし、公明党が臨時国会の早期召集に難色を示し、新テロ特措法改正の見通しが立たないことや、「定額減税」などで政府への圧力を強めていることを受け、これ以上政権を維持するのは難しいと判断したとみられる。

 福田首相の辞任表明を受け、自民党は直ちに後継総裁の選出手続きに入る。総裁選が行われた場合、麻生太郎幹事長が最有力候補とされるが、麻生氏の経済財政政策に反発する中川秀直元幹事長らは小池百合子元防衛相らを擁立し対抗する可能性もある。

 首相は同日夕、麻生氏、町村信孝官房長官と首相官邸で約1時間会談。ここで辞任の意向を伝えた。【中田卓二】

★★★

安倍首相が辞任会見「国民の支持なく政策推進が困難」

★★★


「まずは党の再生を」=勝利決め6回、頭下げ−福田氏、表情硬く・自民総裁選

<自民総裁選>福田、麻生両氏が出馬へ 額賀氏は断念

福田、額賀、麻生3氏の三つ巴の構図

「首相は全身が衰弱」慶応大学病院会見

安倍首相が辞任表明、総裁選は14日公示・19日投票で調整

安倍政権の歩み

安倍首相辞意に各地の声 「信じられない」「当然」


posted by 夢見るまま at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。