2009年05月16日

人から人へ国内初感染か=別の高校生も疑い濃厚−新型インフル・神戸市など

人から人へ国内初感染か=別の高校生も疑い濃厚−新型インフル・神戸市など
2009年5月16日(土)9時38分配信 時事通信

 神戸市の男子高校生に新型インフルエンザ感染の疑いが出ている問題で、同市は16日、同じ県立高校の別の男子生徒も遺伝子検査(PCR)で陽性となったと発表した。

2人はいずれも海外渡航歴がなく、国内で初めて人から人への感染が発生した可能性が強まった。政府が新たな対策を迫られるのは必至だ。

 同校の女子生徒1人も発熱し、簡易検査でA型の陽性反応が出て、入院している。同校は全生徒を自宅待機とした。

 同市によると、PCRで陽性となった2人目の生徒は2年生で、サッカー部に所属。15日朝に37.4度の熱を出し、登校後に早退した。同日夜までに40度近くまで上がり、抗インフルエンザ薬を投与され、16日未明に入院。同市環境保健研究所のPCRの結果、新型インフルエンザの陽性反応が出た。

 一方、1人目の生徒も同日未明に入院。1回目の検査で新型の陽性となり、同研究所が再検査を進めており、16日午前にも結果が出る見通し。国立感染症研究所も確定検査を進めている。この生徒は3年生で、5月11日に悪寒を訴え、12日に37.4度の熱を出し、登校後に医師の診察を受けた。簡易検査でA型陽性となったため、医師が検体を市に提出。15日にPCRを行ったところ、陽性反応が出た。同日時点でせきがあるが、体調はほぼ回復しているという。
 この生徒はバレーボール部に所属。同部では、インフルエンザとみられる症状が流行しており、8日から9日にかけて別の生徒数人が体調不良を訴え、部活動を休んでいた。生徒が発症する前の8日と10日には神戸市外などで、他校と試合もしていた。

 女子生徒は2年生で、12日に38度台の熱を出し、13日の簡易検査でA型の陽性反応が出た。15日には、鼻水が少し出るほかは、体調はほぼ回復したという

★★★

神戸の高2男子生徒、遺伝子検査も陽性反応
2009年5月16日(土)7時55分配信 読売新聞

 神戸市は16日朝、新型インフルエンザ豚インフルエンザ)に感染の可能性がある神戸市の県立高3年の男子生徒(17)と同じ高校の2年の男子生徒(16)についても、遺伝子検査で陽性反応が出たことを明らかにした。

 2年男子は15日夕現在、39・7度の熱があったといい、すでに発熱外来に入院している。

 市は検体を国立感染症研究所(東京)に送り、確認を急いでいる

新型インフル:Q&A 症状や感染経路、治療方法は?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック