2009年05月26日

九州で初の新型インフル、成田からの米国人男性

九州で初の新型インフル、成田からの米国人男性
2009年5月26日(火)1時1分配信 読売新聞

 福岡県は25日、同県志免(しめ)町の妻の実家を訪れていた米国人男性(38)が、新型インフルエンザに感染していることを確認したと発表した。

 九州での感染者確認は初めて。

 県によると、男性は米・サンフランシスコ在住。22日夜に成田空港経由で福岡空港に到着し、妻、友人とともに自家用車で妻の実家に向かった。24日に39度以上の熱が出たため、25日に発熱外来を受診。簡易検査で陽性となり、県で遺伝子検査を行っていた。濃厚接触者は家族ら10人以下とみられ、県は学校の休校要請などは行わない方針。

 国内の感染者は26日午前1時時点で、検疫で見つかった6人を含め1都2府5県の計348人となった。

新型インフル マスク過信禁物 症状ない人には予防効果なし・・・国内の感染確認、340人に=新型インフルエンザ
懸命の自衛策 「ヤフオク」でマスクが高騰・「マスク」 新型インフルエンザで需要急増 予防効果なし!?「過剰防衛」・休校続出!自宅待機の現状は

新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方

★★★

フリーアナ・山田玲奈、慶応先輩と結婚

★★★

裁判員制度、21日スタート=刑事事件審理に国民参加−7月にも第1号


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。