2009年06月03日

日本などは「移行期」=世界感染状況、「フェーズ6」に近づく−WHO

2009年新型インフルエンザA(H1N1型)

日本などは「移行期」=世界感染状況、「フェーズ6」に近づく−WHO6月3日5時38分配信 時事通信

 【ジュネーブ2日時事】世界保健機関WHO)のフクダ事務局長補代理は2日の記者会見で、日本、英国などでの新型インフルエンザの感染状況に関して、世界的な大流行(パンデミック)を意味する「フェーズ6」への「移行期」にあるとの認識を示した。
 フクダ氏は世界全体の感染状況を、「(現時点では)『フェーズ5』だが、『フェーズ6』に近づきつつある」と分析。ただ、大規模な感染拡大には至っていないとの認識も示し、今後の推移を注意深く見守る姿勢を強調した。 

新型インフル 注目される「仙台方式」 

フェーズとは・・ フェーズ4は「小規模な集団感染の発生」、5は「より大きな集団感染の発生と、世界的大流行につながる危険性がある」、6は「世界的大流行が発生し、急速に感染が拡大する状態」のことをそれぞれ意味する。

パンデミック(pandemic または pandemia、汎発流行、世界流行[1]、パンデミア)とは、ある感染症(特に伝染病)が世界的に流行することを表す用語である。

語源はギリシア語のπανδημία (pandemia) で、παν(pan, 全て)+ δήμος(demos, 人々)を意味する。

ヒト(あるいは他の生物)の感染症は、その原因となる病原体を含むもの(感染源)と接触し、感染することによって発生する。多くのヒトが集団で生活する社会では、同じ地域、同じ時期に、多くの人が同時にその感染源(水源、飲食物など)と接触することで、同じ感染症が集団発生することがある。それまでその地域で発生が見られなかった、あるいは低い頻度で発生していた感染症が、あるとき急に集団で発生した場合、これを特にアウトブレイクと呼ぶ。

ヒトからヒトにうつる伝染病の場合、最初に感染した患者が感染源となって別のヒトに伝染するため、しばしば規模が大きく、長期に亘る集団発生が起きる場合がある。このようなものを特に流行と呼ぶ。流行は、その規模に応じて、(1)エンデミック、(2)エピデミック、(3)パンデミックに分類される。このうち最も規模が大きいものがパンデミックである。
パンデミック - Wikipedia

インフルエンザ・パンデミックに関するQ&A

★★★

「マスク買い集め」楽天謝罪

新型インフル マスク過信禁物 症状ない人には予防効果なし・・・国内の感染確認、340人に=新型インフルエンザ
懸命の自衛策 「ヤフオク」でマスクが高騰・「マスク」 新型インフルエンザで需要急増 予防効果なし!?「過剰防衛」・休校続出!自宅待機の現状は

新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザに関するQ&A
3. asahi.com(朝日新聞社):新型インフルエンザ特集 - 医療・健康
4. 外務省:新型インフルエンザ
5. 2009年新型インフルエンザ - Wikipedia

★★★

英検参考書で旺文社に警告=「合格者の80%以上使う」−数字に根拠なし・公取委
『全国プロポーズの言葉コンテスト2009』最優秀賞決定「大台ぞろ目記念で、お嫁にもらってください!」
半数の家庭、楽しく巣ごもり=お出かけ控え気味−クラレ調査
なぜ10円玉の数が減っているのか



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。