2009年06月12日

鳩山邦夫総務相が辞任

鳩山邦夫総務相が辞任- 2009.06.12 19:30 ココログニュース

鳩山邦夫総務相が辞任した。

大臣は日本郵政の西川社長の続投に反対していたが、麻生首相がこの問題で決断。事実上、首相による更迭といわれている。

日本郵政の西川善文社長については、かんぽの宿の売却額が不当に安すぎるなどとして、鳩山邦夫総務相や野党がこれを追及。

違法性は明らかになっていないが、鳩山総務相は西川社長の続投に反対していた。

しかし、郵政民営化を支えた中川秀直元幹事長や菅義偉選対副委員長らがこれに反発。麻生首相の決断が待たれていたところで、今回の鳩山総務相の辞任が明らかになった。

ネットには「『友人の友人はアルカイダ』『死刑を自動的に』など、とにかく問題発言の多い人だった」「そもそも民間のやることに口出しすべきではない」と鳩山総務相の辞任を当然と見る意見と、「なぜ大臣を辞任させてまで西川社長続投しなければならないのか」「鳩山邦夫は男を上げた、次期首相に近づいた」と辞任を不当と見る意見があるようだ。

背景には郵政民営化賛成派と反対派の戦いがあったといえる西川続投問題。辞任は事実上、首相の決断だったといわれているが、郵政民営化には「賛成ではなかった」麻生首相にとって、苦渋の決断であったことは間違いなさそうだ。

(秋井貴彦)

麻生首相判断は「間違い」=自民離党を否定せず−鳩山氏6月12日15時34分配信 時事通信

 鳩山邦夫総務相は12日午後、西川善文日本郵政社長の続投は認められないとして首相官邸で麻生太郎首相に辞表を提出した後、首相について「今回の判断は間違っている」と述べた。また、記者団が自民党を離党するのかと質問したのに対し、「仲間と相談する」と否定しなかった。
 鳩山氏は「歴史がわたしの正しさを証明してくれる。わたしは汚れたことをやる人間は許せない」と自らの正当性を強調。同日午前の首相との1回目の会談で、西川氏が鳩山氏に謝罪することでそろって続投する妥協案を提示されたが、拒否したことも明らかにした。 

鳩山邦夫(はとやま くにお、1948年9月13日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(10期)。鳩山由紀夫(民主党代表)は兄。鳩山一郎元首相は祖父

鳩山邦夫 - Wikipedia


posted by 夢見るまま at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。