2009年06月15日

千葉市長に31歳熊谷氏初当選

千葉市長に31歳熊谷氏初当選
2009年6月14日(日)11時8分配信 共同通信

 千葉市長選で当選を確実にし、万歳する熊谷俊人氏=14日午後9時19分、千葉市中央区

 収賄罪で起訴された前市長辞職に伴う千葉市長選は14日投開票され、無所属新人の元市議熊谷俊人氏(31)=民主推薦、社民支持=が、無所属の前副市長林孝二郎氏(63)=自民、公明推薦=ら2新人を大差で破り、初当選を果たした。熊谷氏は、三重県松阪市の山中光茂市長(33)を抜いて全国最年少の現職市長となった。

千葉市長選、31歳の熊谷氏が初当選…民主の支援候補3連勝
2009年6月14日(日)23時23分配信 読売新聞

千葉市長選で当選を確実にし、万歳をして喜ぶ熊谷俊人氏(14日午後9時19分、千葉市内の事務所で)

 千葉市発注工事を巡る汚職事件で逮捕された現職の辞職に伴う出直し市長選は14日、投開票が行われ、新人で前市議の熊谷俊人氏(31)(無=民主推薦)が、前副市長の林孝二郎氏(63)(無=自民・公明推薦)ら2人を破り、初当選した。

 史上最年少の政令市長で、現役市長としても全国最年少。投票率は43・50%(前回37・20%)だった。

 民主党が支援した候補は政令市長選で4月以降、名古屋、さいたま市に続いて3連勝。衆院選の前哨戦とされる静岡県知事選、東京都議選と続く「3連戦」の初戦で勝利した。

 民主党は3月の千葉県知事選で推薦候補が大差で敗れたことから、一時、自主投票に傾いた。しかし、4月に前市長・鶴岡啓一被告(69)(収賄罪で起訴)が逮捕されたことを受け、急きょ、市議1期目の熊谷氏を擁立した。

 熊谷氏は「金権体質をなくし、千葉市を変える」と訴え、市民グループなどにも支えられた選挙戦を展開。公共工事の見直しやガラス張りの市政への転換などを主張し、若さと改革姿勢で幅広い支持を集めた。

 国政の与野党対決となったことから、民主党は鳩山代表や岡田幹事長が相次いで応援に駆け付けた。

 林氏は昨年12月、鶴岡被告の2期限りでの退任表明を受け、副市長を辞職して出馬を表明。千葉市では4代続けて助役から市長に就任しており、自民党の推薦を得て組織固めを進めた。しかし、汚職事件の発覚で情勢は一変。公明党の推薦も受けたが、鶴岡被告の後継者のイメージを払拭(ふっしょく)できず、逆風となった。

 初当選を決めた熊谷氏は千葉市中央区の事務所で、「『千葉市を変えなければ』という多くの市民の思いと私の思いが重なってくれた。私たちの世代を代表して全力で執務にあたりたい」と抱負を述べた。

 熊谷氏は奈良県出身で、早大政経学部卒。情報通信会社「NTTコミュニケーションズ」を2006年11月に退社し、07年4月の千葉市議選に民主党から出馬し初当選した。

 政令市長の最年少記録は、横浜市長の中田宏氏(44)の37歳。現役市長の最年少は、三重県松阪市長・山中光茂氏の33歳だった。




posted by 夢見るまま at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。