2009年08月28日

<失業率>予測超す悪化速度 消費減退、悪循環も

<失業率>予測超す悪化速度 消費減退、悪循環も8月28日12時3分配信 毎日新聞

 7月に5.7%と過去最悪になった完全失業率(季節調整値)は、企業の輸出や生産が回復に向かっているにもかかわらず、今後一層悪化する可能性が高い。

先行きの不透明感から、依然人員抑制に走る企業が少なくないと見られているためだ。雇用環境の悪化が消費減退を招き、さらに企業に雇用調整を促すという悪循環に陥る事態も想定されている。

 失業率は、景気動向の推移より半年程度遅れる「遅行指標」だ。しかし、あと半年で改善に向かうかとなると、慎重な見方が大勢を占める。企業が採用増に転じても、人件費の安い海外で調達するなら日本の失業率は下がらない。リストラで業績が好転した会社なら、簡単には雇用を増やさないだろう。

 7月末、内閣府所管の経済企画協会がエコノミスト36人の予測をまとめたところ、今後完全失業率は09年10〜12月の3カ月平均で5.56%になり、5.7%に達するのは10年4〜6月(5.66%)という見立てだった。ところが、現実は早くも上回った。

 金融危機、長引くデフレで体力の弱った企業は業績回復に時間を要し、今後も採用抑制や人員削減に踏み切る−−。多くのエコノミストはそう見ているが、雇用情勢の悪化は専門家の予測を超える勢いで進んでいる。

 日本企業は、生産に見合う水準を超えた「過剰雇用者」を、過去最多の607万人(09年1〜3月)抱えているとの政府推計もある。「失業予備軍」が7月の完全失業者数(359万人)の2倍近くいるわけで、当面雇用情勢が回復しないことを示唆している。


失業率:「働かないとダメになる」55歳悲痛 毎日jp(毎日新聞)

いつになれば安心して働けるのか。

失業率5.7%、有効求人倍率0.42倍。

雇用を巡る深刻な数字が明らかになった28日朝、職を探す人たちからは「求人すらない」と悲鳴があがった。失業者を受け入れてきた横浜市の団地では、居住期限の再延長が決まったが、不安定な暮らしに変わりはない。国土交通省によると、全国で少なくとも3449人(21日現在)が、こうした緊急避難的な暮らしを強いられている。【木村健二、高橋直純、石原聖】

 「働かないと人間はダメになる。中高年にも仕事を与えてほしい」。昨年12月31日に横浜市泉区の神奈川県営いちょう上飯田団地に入居した元派遣社員の男性(55)は訴える。

 30代から約20年間、自動車や電機関連の工場で働いてきたが、昨年10月、約2年間勤務した厚木市の自動車部品工場を解雇された。団地では3LDKの部屋に、入居説明会で隣り合って座った男性と2人で住む。家賃は1人3500円で、光熱費は折半だ。

 30〜40社に求職活動したが、仕事は見つからない。8月末の退去は逃れたものの、追い出された場合の行き先はない。9月には雇用保険が切れる。「こんなに厳しいのは初めて。だんだん自信が失われていくよ」。重い口調でそう話した。

 雇用情勢の悪化を受け、神奈川県は昨年12月以降、解雇に伴い社員寮を追い出されたりした派遣労働者ら90人余りをいちょう団地に受け入れてきた。当初の居住期限は今年6月だったが、入居者側から国や県に支援の継続を求める声があがり、8月末まで期限が延長された。

 今月25日現在、32人が住んでおり、県は再び退去を求める方針だが、就職の見込みが立たない人が多く、再延長に応じた。9月以降も25人が住み続ける予定だが、県は再就職支援を続けつつ、最長で12月〜来年1月ごろまでは居住を認める方針。ただし毎月、許可の更新申請を求めるという。

 国交省は昨年12月、公営住宅などの入居資格に、離職を余儀なくされた人を加えるよう通知した。その結果、自治体や都市再生機構(UR都市機構)、高齢者向け優良賃貸住宅の経営者など官民で415の運営者が延べ7001戸の供給を決めた。入居期間の設定や更新などは各運営者の判断で行われている。これまでに自主退去した人は1345人。一方、期限が来たため退去せざるを得なかった人は877人に上る。うち25人は高齢者向け優良賃貸住宅などに入居していた高齢者だった。

 ◇ハローワークでもため息
 東京の池袋や新宿のハローワークに職を求めて来ていた人たちからは、仕事がなかなか見つからないことへの不満の声が上がった。

 ハローワーク池袋サンシャイン庁舎には、この日も朝から行列ができた。6月末に電子部品商社をリストラされた板橋区の男性(58)は、長年営業をしてきた経験を生かせる仕事を探しているが、年齢条件が合わず、まだ一社も応募できていない。「過去最悪の失業率になったのは、世界同時不況の影響もあり、仕方ない面もある。次の政権に期待するしかない」と力なく語った。

 パートで看護師補助をしている練馬区の女性(26)は、結婚を機に正社員として働ける職場を探しているが、三つの病院から立て続けに不採用通知を受け取った。「夫の収入も少なく、将来を考えると2人で働かないと家計が成り立たない」と不安そうに話した。

 ハローワーク新宿を訪れていた男性(42)は「3月にリストラされ、以前と同じ物流関係の仕事を探しているが求人もない。2〜3年前に比べても求人誌がとても薄くなった。ひどい状況だ」とこぼした。杉並区からほぼ毎日通っている男性(54)は「一つの求人に20人が申し込むようなことばかり。職業訓練を受けたりもしたが求人がなく、得た技術が就職に結びつかない」と嘆いた。【袴田貴行、渡辺暢】

posted by 夢見るまま at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック