2009年10月16日

新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える10月16日11時35分配信 産経新聞

 新型インフルエンザの流行状況について、厚生労働省の足立信也政務官は16日の閣議後会見で、11日までの1週間に全国約5千カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者が、1医療機関あたり12・92人となり、前週(6・40人)からほぼ倍増したと発表した。同日午後にも国立感染症研究所が詳細を公表する。

  定点あたりの人数が10人を超えると、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性がある「注意報」が出される。これまでも大都市圏を中心に注意報が出た地域はあったが、全国平均で注意報レベルを超えたことになる。

 足立政務官によると、北海道や神奈川県、愛知県などで増加が顕著という。厚労省が今週、自治体に聞き取り調査を実施したところ、「北海道では300人以上が医療機関に集中し、診療が深夜に及ぶなどの深刻な事態も生じている」(足立政務官)という。

 「念のために受診した」というケースも多く、足立政務官は「医療機関が混雑することで、ほかの重症患者への対応が遅れる可能性もある。救急でない場合は夜間救急などの利用は避けるようにしてほしい」と呼びかけた。

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策
新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>
2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。