2009年10月29日

インフルで休校・閉鎖急増、最多の1万4千施設

インフルで休校・閉鎖急増、最多の1万4千施設10月28日19時44分配信 読売新聞

 厚生労働省は28日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や保育所、幼稚園が18〜24日の1週間で、1万3964施設に上ったと発表した。

 前週(11〜17日=8534施設)の約1・6倍。ほとんどが新型インフルエンザとみられる。1973年の調査開始以降、初めて1万施設を超え、過去最多となった。

 内訳は小学校7483、中学校3938、高校1289、幼稚園866、保育所225――など。厚労省は「小中生を中心に感染が拡大。都市部を中心に流行が本格化しているようだ」としている。 最終更新:10月28日19時44分

新型インフルによる脳症50人に…7歳最多

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。