2009年11月10日

新型インフル、生後7か月の男児死亡…愛知

新型インフル、生後7か月の男児死亡…愛知11月9日18時24分配信 読売新聞

  愛知県は9日、新型インフルエンザに感染した同県犬山市の生後7か月の男児が死亡したと発表した。

 男児に基礎疾患はなかった。厚生労働省によると、国内の死者は、疑い例も含めて54人目で、最年少。

 県によると、男児は8日夜に機嫌が悪くなり、9日午前6時20分頃、呼吸をしていないのに家族が気付き、119番した。救急隊が到着した時には心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。肺炎や脳炎を起こした形跡はなく、直接の死因は不明という。

 双子の兄に発熱などの症状があり、A型インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。両親も数日前からかぜの症状があったという。 最終更新:11月9日18時24分

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。