2009年11月27日

累計1千万人超える―新型インフル推計患者数

累計1千万人超える―新型インフル推計患者数
11月27日13時19分配信 医療介護CBニュース

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、11月16-22日は38.89だったことが、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週の35.15より3.74ポイント増えた。

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は前週より9万人多い約173万人。患

者報告数が増え始め、検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型インフルエンザになった7月6-12日の週以降の累計の推計患者数は約1075万人で、1000万人を超えた。

 都道府県別では、大分(77.21)、福井(71.25)、石川(65.02)、山口(64.31)、福岡(58.23)などの順=表=。38府県で前週よりも増加し、全都道府県が20.0を、41府県が30.0を超えた。
 警報レベルを超えたのは416保健所(47都道府県)で、前週の364保健所の1.14倍に増えた。注意報レベルのみを超えたのは109保健所(35都道府県、前週156保健所)。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。