2009年12月18日

インフル、7週間ぶり警報レベル下回る

インフル、7週間ぶり警報レベル下回る12月18日12時34分配信 読売新聞

 国立感染症研究所は18日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(12月7〜13日)に新たに受診した患者数が1医療機関当たり27・39人で、2週連続で減少し、7週間ぶりに警報レベルを示す30人を下回ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザと見られ、感染研は「流行のピークを過ぎつつあると考えられる」としている。

 1週間の累計患者数は約132万人で前週(11月30日〜12月6日)の約150万人からは約18万人減。7月上旬以降の累計患者数は約1546万人となった。

 都道府県別の1医療機関当たりの患者数は、宮崎55・51人、福井53・78人、徳島39・59人など。41都道府県で前週を下回った。 最終更新:12月18日12時34分

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★インフルエンザ脳症

. 小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
2. インフルエンザ脳症
3. (7)インフルエンザ脳症
4. 小さないのち http://www.chiisanainochi.org/
5. インフルエンザ脳症 - Wikipedia


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。