2010年10月08日

ノーベル化学賞 根岸さんうっすら涙 「来るものが来た」

ノーベル化学賞 根岸さんうっすら涙 「来るものが来た」毎日新聞 10月7日(木)12時10分配信

受賞の喜びを語る根岸英一特別教授=米パデュー大学で2010年10月7日、

 【ウェストラファイエット(インディアナ州)山科武司】「50年間の夢がかないました」。米パデュー大の根岸英一特別教授(75)はこの日も学生たちへの講義を行ったが、その後の会見ではノーベル賞受賞の喜びを隠さなかった。かつて機械いじりが好きだった少年が、好きなことを続けた末につかんだ栄光。会見の最後には、うっすらと目がうるんだ。

 6日午前5時(日本時間6日午後6時)過ぎ、根岸さんの枕元の電話が鳴った。寝ぼけた頭にスウェーデンなまりの英語が飛び込んできた。「ああ、来たな。ついに来るものが来た」という感じで、比較的落ち着いていたという。

 電話の相手は次々と代わり、2人目か3人目にストックホルム大学の同分野の研究者、バックバル教授から「おめでとう」と言われた。ライバルからの祝福に「間違いなく、本当なんだ」と実感がこみ上げてきた。

 予兆はあった。最近、周辺から自身の履歴に関する問い合わせが続き、その一人は「ノーベル賞委員会」の名前を漏らしていた。「何となく、絞られてきたのかな」と感じていたから、全くの驚きではなかったという。

 妻とも前夜、「100分の1ぐらいの確率でもらえるかもね。ミラクルは起きるかもしれないけど、起きないのが当たり前と思わないといけないよ」と話しあっていた。

 とはいえ、自らの業績からすれば「受賞してもおかしくない」との自負はあった。「なんとなく今年ひょっとして、という気にはなっていた」という。

 父親の仕事の関係で旧満州(現在の中国東北部)で生まれ、戦後、山口県岩国市に引き揚げた後、神奈川県に転居した。幼いころから機械いじりが好きな少年で、当時電気街があった東京・神田に通ったという。

 神奈川県立湘南高1年生の時には、「理工系。ただし非生物系で」と決めていた。その言葉通り東大工学部に進んだ。幼いころから好きだった電気工学への道も考えたが、先輩から「電気会社はけちだよ」と告げられた。既に結婚を考えていたこともあり、当時花形だった有機高分子化学の道を選んだという。

 いったん就職したがフルブライト奨学生として渡米してペンシルベニア大で博士号を取得。日本の大学で研究を続けようとしたが、助手、助教授、教授が密接にチームを組む日本の大学システムでは、よそ者が入り込む余地はなかった。「日本(の大学)に戻る道は閉ざされていた」(根岸さん)から再び渡米したのだが、日本では「頭脳流出」と再三言われたという。

 ペンシルベニア大でノーベル賞受賞者の恩師、ブラウン教授と出会って道が決まった。後に同教授からパデュー大に招かれ、後任の教授ポストに就任した。

 01年か02年ごろ、ブラウン教授から「君と鈴木(章・北海道大学名誉教授)をノーベル賞に推薦しておいたから」と打ち明けられた。そのころはまだ夢のようだった受賞が、現実のものとなった。

 「これからの(妻と)2人の人生は大きく変わります。妻に『今まで多くの賞をもらったが、ノーベル賞は1000倍の価値があるよ』と言いました」。そう言って根岸さんは笑顔になった。

 ◇パデュー大 工学の評価高く

 パデュー大は1869年創立。ミシガン湖に接した米中西部の米インディアナ州にある。200以上の専攻、70以上の修士・博士課程があり、工学などでの評価が高く、大学独自の空港も所有している。卒業生に、人類初の月面歩行をしたアポロ11号のアームストロング船長ら宇宙飛行士がいる。鈴木、根岸両氏を指導したハーバート・ブラウン博士(故人)らノーベル賞受賞者も輩出している。創立時に寄付をしたジョン・パデュー氏の名前から命名された。


タグ:根岸英一
posted by 夢見るまま at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。