2014年08月22日

死者・不明90人に達する恐れ 情報精査で不明者51人に

死者・不明90人に達する恐れ 情報精査で不明者51人に2014.8.22 07:14

 広島市の土砂災害で、広島県警は21日、安否の確認が取れず行方不明の人が51人に上ると発表した。死者は20日深夜に新たに3人増え39人になった。死者・行方不明者は90人に達する恐れが出てきた。死者39人のうち、新たに21人の身元も確認し、身元判明者は計31人となった。

 県は航空写真を分析し、土砂災害は31カ所あったと確認した。うち土石流が28カ所、がけ崩れは3カ所。

 21日も県警や消防、陸上自衛隊などは計約3000人態勢で行方不明者を捜索した。しかし夜になって22日にかけ雨が強まるとの予報があり、県警などは救助活動を中断した。広島市は、被災した広島市安佐南区緑井7丁目の一部地域に避難指示を出した。

 行方不明者は7人だったが、大きく増えた理由について県警は「市消防局への119番で届け出があった人数をカウントしていなかった」と釈明。これまでは110番など警察に直接通報があったケースのみを数えていた


posted by 夢見るまま at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。