2014年09月30日

火山活動再び活発化 揺れ大きく捜索の800人は待機

火山活動再び活発化 揺れ大きく捜索の800人は待機
2014.9.30 10:24 [山岳事故]

長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警と消防、陸上自衛隊は30日早朝、心肺停止状態のまま山に取り残された登山者らの救助・捜索活動を再開した。だが火山活動が活発化したため、午前8時前に活動を一時中断した。長野県によると、現場の状況が改善すれば陸上自衛隊の大型ヘリコプターで、捜索隊を山頂付近まで直接送る予定。

 気象庁によると、御嶽山では「火山性微動」と呼ばれる揺れが続いており、噴火後に沈静化していたが、29日午後7時以降に噴火直後の水準まで強まった。揺れが大きいほど有毒な硫化水素の発生量が増え、再噴火の可能性も高くなる。捜索隊は気象庁からの連絡を受け、一時中断を決めた。

 現場は硫化水素の濃度が高く、28、29日ともに活動を午後早くでいったん打ち切っており、二次災害に警戒しながら約800人態勢で臨んでいた。

 陸自は30日の活動で、これまでの中型ヘリ(輸送人員14人)に替わり、大型ヘリ「CH−47」(同55人)2機を投入し、捜索隊180人を山頂付近に送り込む予定だったが、離陸直前に一時待機となった。

 一方、長野県側の王滝登山口から山頂を目指し登っていた捜索隊員らも8合目(標高2470メートル)付近で待機を余儀なくされた。

 今回の噴火では、これまでに12人の死亡が確認され、心肺停止状態の24人が山に取り残されている。けが人は少なくとも69人に上っている。


posted by 夢見るまま at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 御嶽山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。