2007年08月28日

高砂親方が謝罪文=横審委員も帰国支持−朝青龍問題

高砂親方が謝罪文=横審委員も帰国支持−朝青龍問題
8月27日22時32分配信 時事通信


 横綱朝青龍の帰国療養を審議する臨時理事会の開催を決めた27日、日本相撲協会では北の湖理事長(元横綱)らが収束へ向けた協議を重ねた。理事会に相撲診療所の吉田博之所長が出席して病状を説明するなど、理事を納得させるための段取りも詰めている。

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「ファンの皆様、関係各位に多大なるご迷惑をお掛けいたしましたことに心からおわび申し上げます。私の当初の対応が悪く、このたびの騒動が長引いたことに対し、私自身の見解の甘さに深く反省をいたしております」などとする謝罪文を発表。「ファンや関係者への気持ちを書いた」と説明した。
 所用で両国国技館を訪れた横綱審議委員会の石橋義夫委員は「正常な姿に早く戻ってもらいたい。われわれにも推挙した責任がある」などと話し、帰国に理解を示した。 

最終更新:8月27日22時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000150-jij-spo44

<朝青龍>処分後初めて自宅出る 主治医治療のため外泊
posted by 夢見るまま at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック