2007年10月17日

亀田一家に「公の場で謝罪を」 協栄ジム会長

亀田一家に「公の場で謝罪を」 協栄ジム会長
10月16日21時8分配信 産経新聞


 世界戦の反則行為で日本ボクシングコミッションJBC)が亀田大毅(協栄)陣営を処分したことを受け、協栄ジムの金平桂一郎会長は16日、都内で会見し、一連の不祥事を陳謝。試合後、姿をみせない亀田一家について「早く公の場に出て謝罪しなければならない。おわびする部分が確実にある」とファンらへの責任を果たすよう求めた。

 金平会長は世界戦後、ロシアに出張していたが同日帰国。JBCを訪れ、安河内剛事務局長から処分内容の説明と、今後は亀田一家を指導、監督するよう要請された。

 会見の冒頭では「全国民、ファン、関係者のみなさま、申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。処分については「(亀田家は)言いたいことがあるようだが、甘んじて受け入れ再出発を図るほうが大毅、家族のためになる」との見解を示した。また、内藤陣営に出向いて謝罪する意思を示し、「亀田家もその必要がある」とした。

 東日本ボクシング協会からの要請もあり、ジムとは離れて独自に活動してきた一家を、今後は管理下に置かねばならない。「同一ジムでやってくれとの要請。守れないということなら、考えなければいけない」と契約の見直しもにおわせた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000968-san-spo

亀田大毅は1年のライセンス停止 JBC倫理委が処分決定

亀田処分出る日に会長はいない…
テリー伊藤TBSに苦言「実況が最低」…亀田戦中継
アッコ、亀田親子に「一度、離れてボクシングやったら?」
<ボクシング>初防衛の内藤「もう亀田家とは、やらない」
亀田大毅が敗戦の弁「今回は完敗やった。それは素直に認める」


posted by 夢見るまま at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。