2008年03月05日

ミートホープ食肉偽装、元社長に懲役6年を求刑

ミートホープ食肉偽装、元社長に懲役6年を求刑3月5日14時14分配信 読売新聞


 北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープ」(破産)の食肉偽装事件で、豚、鶏肉などを不正に混入した牛ひき肉を食品加工会社に出荷していたとして、詐欺と不正競争防止法違反(虚偽表示)の罪に問われた同社元社長の田中稔被告(69)の論告求刑公判が5日、札幌地裁(嶋原文雄裁判長)であった。

 検察側は「食の安全を捨てた恥も外聞もない犯行」などとして懲役6年を求刑。田中被告は最終意見陳述で「本当に申し訳ありません。深く反省しています」と述べ、今年1月の初公判から3回の審理で結審した。判決は3月19日。

 論告などによると、田中被告は2006年5月〜07年6月、北海道内の食品加工会社など十数社に、豚、鶏、カモ、羊などの肉を混ぜた牛ひき肉計約138トンを「牛100%」と偽って出荷。このうち3社に出荷した約100トン分計約3900万円について詐欺罪に問われた。

最終更新:3月5日14時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000025-yom-soci

ミートホープ、DNA鑑定でウサギ肉混入発覚
posted by 夢見るまま at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック