2008年03月05日

ミートホープ食肉偽装、元社長に懲役6年を求刑

ミートホープ食肉偽装、元社長に懲役6年を求刑3月5日14時14分配信 読売新聞


 北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープ」(破産)の食肉偽装事件で、豚、鶏肉などを不正に混入した牛ひき肉を食品加工会社に出荷していたとして、詐欺と不正競争防止法違反(虚偽表示)の罪に問われた同社元社長の田中稔被告(69)の論告求刑公判が5日、札幌地裁(嶋原文雄裁判長)であった。

 検察側は「食の安全を捨てた恥も外聞もない犯行」などとして懲役6年を求刑。田中被告は最終意見陳述で「本当に申し訳ありません。深く反省しています」と述べ、今年1月の初公判から3回の審理で結審した。判決は3月19日。

 論告などによると、田中被告は2006年5月〜07年6月、北海道内の食品加工会社など十数社に、豚、鶏、カモ、羊などの肉を混ぜた牛ひき肉計約138トンを「牛100%」と偽って出荷。このうち3社に出荷した約100トン分計約3900万円について詐欺罪に問われた。

最終更新:3月5日14時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000025-yom-soci

ミートホープ、DNA鑑定でウサギ肉混入発覚


posted by 夢見るまま at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ミートホープ、DNA鑑定でウサギ肉混入発覚

ミートホープ、DNA鑑定でウサギ肉混入発覚
10月25日14時45分配信 読売新聞


 北海道苫小牧市の食肉加工会社「ミートホープ」(破産)の食肉偽装事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された同社社長田中稔容疑者(69)らが偽装ミンチを作る際、豚肉や鶏肉のほか、ウサギ肉も混ぜていたことが、道警によるDNA鑑定の結果で分かった。

 道警は、田中容疑者らが利益を少しでも増やすため、安価な肉を混ぜたとみて調べている。

 農林水産省の調査や元従業員の証言から、偽装ミンチにはこれまで、豚のほか、羊や鶏、カモの肉が混入されていたことが分かっている。

 田中容疑者は今年6月下旬までの約1年間で、約138トンの偽装ミンチを327回に分けて販売した疑いが持たれている。道警は取引先の食品会社から327回分すべてのミンチの提供を受け、DNA鑑定をしたところ、うち1回分でウサギ肉が混入していることが分かった。

最終更新:10月25日14時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000107-yom-soci
posted by 夢見るまま at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

<牛ミンチ偽装>「ミートホープ」元社長ら4人逮捕へ 道警


<牛ミンチ偽装>「ミートホープ」元社長ら4人逮捕へ 道警
10月21日3時5分配信 毎日新聞


 苫小牧市の食肉加工卸会社「ミートホープ」(自己破産手続き中)による偽装牛ミンチ事件で、道警生活環境課と苫小牧署は、田中稔・元社長(69)と元工場長ら3人の計4人について、豚肉などを混入して「牛ミンチ」と偽って出荷した疑いが強まったとして、週内にも不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕する方針を固めた。道警は田中元社長らが取引先をだまして不正な利益を上げていたとみて、詐欺容疑でも追及する。

 道警は問題が発覚した直後の6月下旬、ミート社工場や、同社から冷凍コロッケの原料として牛ミンチを仕入れていた「北海道加ト吉」(赤平市)などを家宅捜索し製品を押収。DNA鑑定の結果、豚や鶏肉の混入が裏付けられた。さらに押収資料の分析などから、悪質な偽装が長期にわたって行われていたと判断した。田中元社長らは任意の事情聴取に対し、容疑を認めているという。

 これまでの調べでは、ミート社は北海道加ト吉など取引業者十数社に対し、豚肉などを混入した偽装牛ミンチを「牛100%」と表示して出荷した。農林水産省によると、偽装は98年ごろから始まった。昨年7月から発覚までの販売量は計417トンに上り、販売・流通業者を通じてコロッケなどに加工、全国に販売された。

 田中元社長は記者会見などで「コストが安くなるので(工場長に)混入を指示した」と組織的に偽装を繰り返していたことを認めた。ミート社はパートも含む全従業員71人を解雇し、7月に総額約6億7000万円の負債を抱えて自己破産申請。田中元社長も8月に自己破産し、それぞれ破産手続きが行われている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000018-mai-soci
posted by 夢見るまま at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

「ミートホープ」従業員説明会、解雇方針にあきらめムード

「ミートホープ」従業員説明会、解雇方針にあきらめムード
6月26日14時9分配信 読売新聞

 北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープ」の牛肉偽装事件で、ミート社は26日午前10時から、本社で従業員説明会を開いた。

 出席者によると、田中稔社長は従業員を全員解雇する方針を伝えた。「期日は追って伝える」としている。従業員らは午前9時過ぎから続々と集まり始め、一様に硬い表情で本社に入っていった。40歳代の女性パート従業員は「これからもずっと働こうと思っていたので残念。中国人の研修生たちもいるが、本当にかわいそうだ」と語った。

 約10年間勤務した50歳代の男性従業員は「まさかこんなことになるとは思わなかった。ほかの従業員もあきらめムード。今さら社長に言うこともない」とため息を漏らしていた。
最終更新:6月26日14時9分Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000305-yom-soci
posted by 夢見るまま at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

全従業員を解雇へ=「会社存続困難」と専務−26日に正式伝達・ミートホープ

全従業員を解雇へ=「会社存続困難」と専務−26日に正式伝達・ミートホープ
6月25日13時31分配信 時事通信
 ミートホープ(北海道苫小牧市)のひき肉偽装事件で、田中恵人専務は25日、同市内の本社前で記者団に対し、「会社の存続が難しい。従業員には、全員解雇になる可能性が高いと伝えた」と話した。26日、全従業員約60人に対し、正式に方針を伝える予定。
 専務が25日午前、社内で約1時間にわたり、集まった従業員ら約30人に口頭で伝えた。従業員らからは、一定の生活補償を求める声などが上がったという。26日午前10時に全従業員を集め、経緯などを説明する。
 専務は記者団に「これから(経営が)難しくなるので、そういう方法(全員解雇)を取らざるを得ない」と語った。 
最終更新:6月25日15時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000062-jij-soci
posted by 夢見るまま at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミートホープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。