2008年04月24日

吉野家株急落5000円安…米国産牛肉に危険部位混入

吉野家株急落5000円安…米国産牛肉に危険部位混入
2008/4/24 17:00


サラリーマンの味方の吉野家。変わらぬ人気を保てるか

 牛丼チェーン大手「吉野家ホールディングス」向けの米国産輸入牛肉に、BSE(狂牛病)の危険部位である脊柱(せきちゅう)が混入していたことが24日までに、分かった。保管されていた同社倉庫での事前チェックで見つかり、店頭には出ていないが、消費者心理や今後の米国産牛肉の輸入拡大に影響するのは必至の情勢。牛丼の24時間販売を復活させたばかりの吉野家は冷や水を浴びせられた格好だ。

 24日の東京株式市場では吉野家株に嫌気売りが集まり、一時、前日終値比7000円安の15万3000円を付けて年初来安値を更新した。終値は同5000円安の15万5000円。

 混入が見つかったのは、米食肉処理業者ナショナルビーフ社のカリフォルニア工場が出荷した冷凍ばら肉700箱(約17トン)のうちの1箱。大手商社の伊藤忠商事が昨年8月に輸入し、吉野家に納入した。

 吉野家が今月21日、保管していた埼玉県内の倉庫で検品した際、冷凍ばら肉1箱のなかに脊柱を含むショートロイン(腰部の肉)が3パック(約27キロ)入っているのを見つけた。

 農林水産省と厚生労働省は同工場からの輸入を一時停止し、米農務省に調査結果の報告を要請した。

 米農務省スポークスマンは米時間23日、「(危険部位の入った箱は)日本向けではなかった」と説明。ナショナルビーフ社は同日、「発送ミス」とした。

 吉野家は、危険部位の脊柱は牛丼の具材となるばら肉とは異なり、「外見上明らかに分かった」と説明。輸入後の全量検査を自主的に実施するなど万全のチェック態勢をとっており、安全性に問題はないとして牛丼の店頭販売を継続する方針だ。

 3月に復活したばかりの牛丼の24時間販売も、米国の13カ所の工場から牛肉を調達しているため、1カ所との取引が停止になっても当面は在庫に支障はないという。

 米国産牛肉はBSE発生で2003年12月に輸入禁止となり、05年12月にいったん再開されたが、06年1月に脊柱の混入発覚で再度禁止された。同年7月に2度目の輸入再開にこぎ着けたが、「生後20カ月以下」の牛に制限されている。

 今回の混入を受けて、農水省は直ちに米国産牛肉の輸入を全面禁止にはしない方針だが、米国側が強く求めている輸入制限の緩和は遠のく可能性も出てきた。

 牛肉の供給量が輸入禁止前の水準の10−15%程度にとどまっている吉野家にとっても、輸入条件の緩和は売り上げや利益の増加に直結するが、当面は期待できそうもない。

 消費者心理への影響も気になるところだ。吉野家は今回の混入を受けて、牛丼の安全性を改めて消費者に訴える方向で検討しているが、米国産牛肉に対するイメージ悪化で主力商品の牛丼の売り上げが伸び悩むようなことがあれば、業績に響くことになる。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/32356

吉野家向け輸入牛肉に危険部位混入 米国産の再開から初発覚

株式会社吉野家ホームページ
http://www.yoshinoya.com/


posted by 夢見るまま at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 吉野家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野家向け輸入牛肉に危険部位混入 米国産の再開から初発覚

吉野家向け輸入牛肉に危険部位混入 米国産の再開から初発覚
4月23日20時53分配信 産経新聞


 農林水産省は23日、米国から輸入された牛肉に、牛海綿状脳症(BSE)の原因となる異常プリオンがたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入していたことを明らかにした。牛肉はカリフォルニア州のナショナルビーフ社カリフォルニア工場から出荷されていた。米国産牛肉は、特定危険部位を除いて輸入されることになっていることから、同省などは同工場からの輸入手続きを停止した。
 特定危険部位の混入発覚は平成18年7月の米国産牛肉輸入再開以来、初めて。
 同省によると、牛丼大手「吉野家」が昨年8月、同工場から伊藤忠商事を通じて輸入したバラ肉700箱(17トン)のうち1箱に、脊柱部分を含む骨付き肉(27キロ)が混入していた。21日夜、吉野屋で保管されていた肉を、同社が検品した際に発見。翌日、伊藤忠を通じて同省などに報告した。
 700箱には、特定危険部位などが含まれていないことを証明する衛生証明書が付けられていた。ほかの699箱からは特定危険部位は見つからなかった。
 同省などの問い合わせに、米国大使館は「日本向けでない肉が入ってしまった」と回答しているという。同省は、出荷・輸入の際のミスとみている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000964-san-soci

株式会社吉野家ホームページ
http://www.yoshinoya.com/
posted by 夢見るまま at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 吉野家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。