2008年07月08日

<洞爺湖サミット>50年まで温室ガス半減 G8宣言に盛る

<洞爺湖サミット>50年まで温室ガス半減 G8宣言に盛る7月8日16時26分配信 毎日新聞


 北海道洞爺湖サミット主要国首脳会議)は8日、焦点だった地球温暖化対策で、2050年までに温室効果ガス排出量を少なくとも半減させる長期目標について「世界全体の目標として採用することを求める」という認識で一致。

「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のすべての締約国と共有し、UNFCCCの下の交渉で検討し、採択することを求める」と、首脳宣言に盛り込んだ。

福田康夫首相は「G8(主要8カ国)の結束のもとに、途上国、新興国にも働きかけをしていく」と述べた。

 昨年のハイリゲンダムサミット(ドイツ)では、G8諸国で長期目標を真剣に検討するとの文言が盛り込まれたが、洞爺湖サミットでは長期目標が必要であるとの意思を示し、参加首脳から「長期目標の合意をG8として明確にとりまとめた。大きな成果」と評価する声もあったという。【柴沼 均】

主要国首脳会議 - Wikipedia

2008北海道洞爺湖サミット
http://g8-summit.town.toyako.hokkaido.jp/

北海道洞爺湖サミット - TOP
http://www.g8summit.go.jp/

外務省: G7 / G8
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/g7g8.html

ようこそサミットストアのホームページへ
http://www.summitstore.co.jp/






posted by 夢見るまま at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洞爺湖サミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

<洞爺湖サミット>温暖化問題…アフリカの関心薄く

<洞爺湖サミット>温暖化問題…アフリカの関心薄く7月7日12時58分配信 毎日新聞

北海道洞爺湖サミット(首脳会議)初日、アフリカ連合・ピンAU委員長を出迎える福田康夫首相=北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺
 アフリカ7カ国の首脳が加わった7日の北海道洞爺湖サミット主要国首脳会議)拡大会合で、日本政府は当初、地球温暖化問題を中心に議論しようとしていた。

主要8カ国(G8)でアフリカ支援の重要性を再確認する見返りに、日本の温暖化対策へのアフリカ諸国の支持を取り付け、温暖化対策に消極的な米国などへの圧力とする狙いだった。

しかし、アフリカ側の関心は食糧・原油の価格高騰に集中。アフリカの支持を背に温暖化問題を有利に運ぼうという日本の戦略は、肩すかしにあいそうだ。

 5年に1度のアフリカ開発会議(TICAD)とサミットの日本開催が重なった今年、政府は温暖化問題で二つの会議を結びつけ、サミット成功につなげる構想を描いた。5月末に横浜市で開かれたTICAD4では「温暖化で最も深刻な影響を受けるのはアフリカ」と位置づけて、日本の温暖化対策への支持獲得を試みた。

 しかし、TICADでアフリカ首脳の関心は食糧問題に集中。最終日に採択した「横浜宣言」では、日本の温暖化対策を「支持する」としていた草案がアフリカ側の反対で「評価する」に後退した。

 今回のサミット拡大会合でも、南アフリカのムベキ大統領が気候変動を主要議題とすることに難色を示し、食糧・原油高騰に代わった経緯がある。

 アフリカの首脳が初めてサミットに招かれたのは、日本がアフリカの貧困削減を呼びかけた00年の九州・沖縄サミット。その後、アフリカの首脳の出席は慣例化し、日本の決断は評価を得ている。

 だが、経済成長が本格化し始めているアフリカ諸国は、成長の足かせになりかねない温暖化対策には慎重だ。G8も「支援強化でアフリカの成長を後押しし、新たな投資先に位置付けたい」というのが本音で、日本も例外ではない。成長支援と温暖化対策の両立を狙う日本の戦略は、もともと矛盾をはらんでいたとも言える。【白戸圭一】


EU、アフリカ諸国の農業支援に10億ユーロ拠出へ=欧州委委員長
英・独首脳、地球温暖化対策で議長国日本への積極的協力を表明
<洞爺湖サミット>貧困飢餓対策を最重要課題に…ローマ法王

<洞爺湖サミット>7日に開幕 「温暖化」「食糧」問われる
posted by 夢見るまま at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洞爺湖サミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英・独首脳、地球温暖化対策で議長国日本への積極的協力を表明

EU、アフリカ諸国の農業支援に10億ユーロ拠出へ=欧州委委員長 2008年7月7日(月)14時46分配信 ロイター

 [北海道洞爺湖 7日 ロイター] 欧州委員会のバローゾ委員長は7日、世界的な食料危機への対処の一環として、欧州連合(EU)がアフリカ諸国の農業支援に10億ユーロ(16億ドル)を拠出することを明らかにした。

 資金は未使用のEU農家助成金から捻出するという。

 主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)で来日した委員長は記者会見で「EUは開発途上国の農業支援が可能」と話した。

 EU当局者らはこれまでに、2009年までに未使用のEU農家助成金から最大10億ユーロを用い、アフリカ諸国の肥料や穀物の種の購入に役立てる計画を発表していた。

 この提案は、EU加盟国の閣僚と欧州議会の承認を得る必要がある。


英・独首脳、地球温暖化対策で議長国日本への積極的協力を表明 2008年7月7日(月)14時38分配信 ロイター

 7月7日、福田康夫首相はブラウン英首相とメルケル独首相と個別に会談し、英・独両首脳は温暖化対策で成果が得られるよう積極的に協力する意向を表明。

 [北海道洞爺湖 7日 ロイター] 福田康夫首相は7日午前、ブラウン英首相とメルケル独首相と個別に会談し、地球温暖化問題、食料価格・エネルギー価格問題、アフリカ支援、ジンバブエ問題など、主要国首脳会議洞爺湖サミット)の主要議題について意見交換した。英・独両首脳からは、地球温暖化対策で成果が得られるよう積極的に協力する意向が表明された。

 両首脳会談に同席した政府関係者が明らかにした。

 前日の日米首脳会談では、「2050年までの温室効果ガス半減」目標設定に慎重な米国の姿勢があらためて浮き彫りになったが、昨年のサミット開催国であるドイツのメルケル首相はじめ両首脳と福田首相は、有益な結果が得られるよう協力していくことで一致したという。

 このほか、日英首脳会談では、ブラウン首相が「世界経済は、ここ数カ月、原油価格・エネルギー価格、信用収縮問題など、困難な問題に直面している。これらの問題に日本が力強いメッセージを出そうとしていることを評価している」とし、「G8が協力して対処していくと示すことが重要」と提言。原油価格高騰問題への対応では、年後半にロンドンで産油国・消費国会合開催を検討していることを明らかにした。

 政治的な混乱が続いているジンバブエ問題では、ブラウン英首相が「G8としてジンバブエにおける民主主義が守られるよう、強力なメッセージを出すことが重要」と要望したのに対し、福田首相がジンバブエ情勢を懸念し「G8としての対応を考える必要がある」と応じた。メルケル独首相かfらも同意する旨の発言あったという。

 洞爺湖サミットは7日午後、G8とアフリカ諸国の拡大会合を皮切りにスタートした

<洞爺湖サミット>貧困飢餓対策を最重要課題に…ローマ法王 2008年7月7日(月)14時41分配信 毎日新聞

 【ローマ藤原章生】ローマ法王ベネディクト16世は6日、ローマ近郊で演説し北海道洞爺湖サミットに向け「貧困、飢餓対策を会議の最重要課題にしてほしい」と呼びかけた。

 法王は「市場への投機の高まりが食糧やエネルギー価格の異常な高騰をもたらし、貧しい者たちをますます脆弱(ぜいじゃく)にしている」と語った。法王が現在の食糧危機の主因として具体的に「投機」を挙げたのは初めてで、イタリアをはじめカトリック諸国は重く受け止めている。

 法王はさらに首脳陣に「寛容さと先見性で、世界が公正に発展する道筋を示してほしい」と語った。

<洞爺湖サミット>7日に開幕 「温暖化」「食糧」問われる
posted by 夢見るまま at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洞爺湖サミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

<洞爺湖サミット>7日に開幕 「温暖化」「食糧」問われる

<洞爺湖サミット>7日に開幕 「温暖化」「食糧」問われる 2008年7月6日(日)0時31分配信 毎日新聞

 北海道洞爺湖サミット主要国首脳会議)が7日、北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺で開幕する。

議長国の日本と米英仏独伊加露の主要8カ国(G8)首脳と欧州連合(EU)委員長が参加。原油・食糧の高騰や温室効果ガス削減など、緊急の対応が迫られる地球規模の課題にG8の枠組みが有効な対策を示せるかが問われる。開幕に先立ち6日には同ホテルで日米首脳会談がある。

 サミットは9日までの3日間で、首脳宣言のほか食糧、テロなどで特別声明が出される予定だ。

 深刻化する原油・食糧の高騰は、世界的なインフレの懸念も高めている。第1次石油危機を機に始まったサミットの場で、再び経済問題が大きな焦点となる。食糧問題を巡っては8日にG8で協議するほか、7日はアフリカ諸国、9日は中国やインドなど新興国も交えて、3日連続で議題に取り上げる。

 地球温暖化対策では温室効果ガス排出量を2050年に半減させる長期目標に対して慎重な米国が従来より踏み込んだ姿勢を示すかどうかが焦点となる。

 日米首脳会談は、6月の北朝鮮による核計画申告とブッシュ大統領のテロ支援国家指定解除の米議会通告後、初めて両首脳が顔を合わせる場となる。日本側には拉致問題に対する影響を懸念する声も強く、両首脳は改めて核と拉致の問題で連携を確認する。8年間にわたったブッシュ政権で、最後の本格的な日米首脳会談になる可能性も高く、日米同盟を再確認する場となりそうだ。【須藤孝、平地修】

北海道洞爺湖サミット - TOP http://www.g8summit.go.jp/

北海道洞爺湖サミット特集 - 環境goo http://eco.goo.ne.jp/topics/toyako/
posted by 夢見るまま at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洞爺湖サミット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。