2008年09月01日

関東大震災から85年 知られざる「複合災害」

関東大震災から85年 知られざる「複合災害」 2008年9月1日(月)7時25分配信 産経新聞
-
 日本の災害史上最悪の惨事となった関東大震災が起きたのは、1923(大正12)年9月1日。

今から85年前のことだ。マグニチュード(M)7・9の地震と台風による強風が重なり、津波や土石流でも甚大な被害を出した。だが、火災被害があまりにも悲惨だったため、「複合災害」としての実像はあまり知られていない。「防災の日」にあたって、関東大震災の複合的な被害実態から、現代の防災につながる教訓を探ってみた。(中本哲也)

                  ◇


 土砂災害による被害が大きかった今年6月の岩手・宮城内陸地震。鹿島建設・小堀研究室のプリンシパル・リサーチャー、武村雅之さんは「関東大震災のときの根府川の土砂災害を思い起こした」という。


 関東大震災では、箱根、丹沢などの山間地で多くの土石流や山崩れが発生した。土砂災害による死者は約700人と推定される。最も大規模な土砂災害が神奈川県片浦村(現小田原市)を襲った山津波で、根府川の集落では約400人が命を落とした。


 「火山地帯で地震が起きると、土石流の恐れがある。そのことを知っていれば、岩手・宮城内陸地震で土石流に流された駒ノ湯温泉の人たちは、避難できたかも知れない」


 ≪台風が被害拡大≫


 関東大震災の死者・行方不明は約10万5000人。武村さんらが過去の資料を再検証して割り出した推定値で、それ以前は「約14万2000人」という犠牲者数が定説化していた。


 火災による犠牲者が圧倒的に多く、9万1000人以上と推定される。地震発生が昼食時の正午前だったことに加え、日本海に中心があった台風の影響で秒速10メートルを超える強風が吹き、火災被害を拡大させた。特に悲惨だったのは多くの被災者が避難した東京・本所区(現墨田区)の旧陸軍被服廠(しょう)。突然起こった火災旋風により、4万人も避難者が命を落とした。


 火災被害があまりに大きいために見落とされがちだが、揺れによる家屋の倒壊、津波、土砂災害がもたらした人的被害も、小さかったわけではない。


 激しい揺れで家屋の下敷きになった犠牲者は約1万1000人。95(平成7)年の阪神大震災(兵庫県南部地震)による直接的な犠牲者の2倍にあたる。約300人と推定される津波による犠牲者数は、83(昭和58)年の日本海中部地震、93(平成5)年の北海道南西沖地震を上回る。また、土砂災害で700人もの犠牲者を出した地震は、明治以降では関東大震災の他に例をみない。


 ≪二面性あわせ持つ≫


 地震と台風が重なり、それに伴うさまざまな被害が発生した関東大震災は、どの被害をとっても日本の歴史地震で最大級かそれに近い規模の複合災害となった。被災地域は、首都圏の人口密集地から海岸沿いや中山間地にも及んだ。


 プレート(岩板)境界で起こる海溝型地震でありながら、震源断層は陸域にも広がっている。海溝型地震と内陸直下地震の両方の特性をあわせ持った特異な地震だが、この2面性が関東大震災に防災上の普遍性を持たせた。


 この20年に起きた被害地震を例にとると、大都市を襲った阪神大震災、山間地に被害を及ぼした新潟県中越地震、津波被害が大きかった北海道南西沖地震は、関東大震災の一つの側面と重なる。30年以内の発生確率が70%とされる首都直下地震をはじめ、これから起こる地震への教訓も与えてくれるはずだ。


 武村さんは「関東大震災は火災被害が突出しているために、実像があまり知られていないという一面もある。教訓を生かすためには、被害の実態を正しく知り、伝えていくことが重要だ」と語った。

★★★

防災の日、訓練に59万人参加2008年9月1日(月)8時6分配信 共同通信

 「防災の日」の1日、政府は東南海・南海地震を想定し、首相官邸や大阪府岸和田市などを会場に総合防災訓練を実施した。同地震をメーンテーマとする総合防災訓練は初めて。岩手・宮城内陸地震や東海の記録的豪雨、中国の四川大地震など今年も内外で大きな災害が相次ぐ中での訓練で、30都道府県で59万人が参加。各省庁の緊急参集チームが首相官邸に集まり、臨時閣議の後に福田首相が記者会見。

防災の日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

防災の日(ぼうさいのひ)とは、1923年9月1日の関東大震災に因んで制定された記念日であり、日付はその9月1日である。

9月1日は年にもよるが、二百十日になることが多く、“災害への備えを怠らないように”との戒めを込めて1960年に制定。この頃に台風が来ることも由来の一つ。制定の前年(1959年)には伊勢湾台風が襲来していた。

かつて9月1日の行事は関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心であったが、「防災の日」となってからは全国各地で防災訓練が行われる日となっている。

◆【防災豆知識】防災の日の由来 関東大地震と防災の日 - [地震・自然 ... http://allabout.co.jp/living/bosai/closeup/CU20010823A/

防災の日特集2008:rescuenow@nifty http://rescuenow.nifty.com/tokusetsu2008/

◆ 内閣府防災情報のページ http://www.bousai.go.jp/

防災の日特集〜起こってからじゃ遅いからこの日がある


posted by 夢見るまま at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防災の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。