2008年10月16日

<中国製あん>茨城でもトルエンなど検出 女性が手に異常

<中国製あん>茨城でもトルエンなど検出 女性が手に異常10月15日21時55分配信 毎日新聞


 食品輸入販売会社「マルワ食品」(静岡県磐田市)が中国から輸入したつぶあんから有害物質のトルエンなどが検出された問題で、茨城県は15日、県内で販売された同じ商品から微量のトルエン酢酸エチルを検出したと発表した。このつぶあんを9月中旬に食べた同県常総市の40代の女性が、手に力が入らなくなるなどの異常を訴えたが、その後、症状は治まったという。

 このつぶあんは今年9月、名古屋市中川区の男性が食べてめまいを起こし、中川保健所がトルエンと酢酸エチルを検出した商品と同一。

 県によると、女性は9月中旬に同県かすみがうら市内のスーパーで、1キロ入りのつぶあんを購入。2口食べた後、手に力が入らなくなった。その後、同じ商品からトルエンが検出された報道を知り、今月8日に常総保健所へ届け出た。県が女性宅に残っていたあんを調べたところ、トルエン0.018ppm、酢酸エチル0.35ppmが検出された。

 商品の賞味期限は2009年と表示され、月日は印字が消えていた。女性は10月初旬に受診したが、以前から手がしびれるなどの症状があったといい、あんと症状との因果関係は、はっきりしない。同じあんを食べた夫は症状を訴えていない。【八田浩輔】

中国産インゲンに殺虫剤 「原液混入可能性も」 日中で4回以上の農薬検査パス,中国製食品:冷凍インゲンに農薬 ジクロルボス、基準3万4500倍−−東京・八王子


タグ:トルエン
posted by 夢見るまま at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

中国産インゲンに殺虫剤 「原液混入可能性も」 日中で4回以上の農薬検査パス,中国製食品:冷凍インゲンに農薬 ジクロルボス、基準3万4500倍−−東京・八王子

中国産インゲンに殺虫剤 「原液混入可能性も」 日中で4回以上の農薬検査パス10月15日16時6分配信 産経新聞

ニチレイフーズが中国から輸入した冷凍食品いんげん」から高濃度の農薬。苦渋の表情で会見する、相馬義比古・ニチレイフーズ社長

 中国からの輸入食品への不安が、またも現実となった。

中国製冷凍インゲンから検出された有機リン系殺虫剤ジクロルボスは「原液が混入された可能性もある」(厚生労働省)ほどの高濃度。

一方で同製品について残留農薬を調べる検査は日中両国で4回以上実施され、いずれも基準値を下回っていた。同省担当者は「『残留農薬』のレベルをはるかに超えている。あり得ない数値だ」と衝撃を受けている。

 ジクロルボスは中国や日本で農薬などとして使用されているが、吸い込んだり皮膚に付着したりすると頭痛や呼吸困難を引き起こすなど急性の毒性が強いため、劇物指定されている。通常は水などで1000倍程度に薄めて散布する。

 厚労省によると、今回の検出量は輸入を許可する上限基準値0・2PPMの3万4500倍だった。同程度に汚染されたインゲンを体重50キロの人が217グラム口にすると、半数が死亡するというラットの実験結果があるとされる。

 輸入元のニチレイフーズ(東京都中央区)によると、健康被害が出た冷凍食品「いんげん」は、7月23日に中国から輸入。約2日間倉庫に保管され、その後出荷された。

 残留農薬の検査は収穫前に畑単位で行った上で、製品化の際にも2回実施。さらに輸入後にも1回と、計4回行う。これとは別に中国や日本の検疫当局が輸出入時に調べることもある。

 今回、すべての検査でジクロルボスは残留基準値を下回り、検査に合格した。しかし、いずれも一部のサンプルを取り出し開封するなどして調べる検査のため、今回健康被害を起こした製品がすり抜けた可能性もあるという。

 ニチレイフーズの広報担当者は「基準の3万倍以上というのは、残留農薬で出る数字ではない。なぜ、どのタイミングで混入されたか全く分からない。早く解明してほしい」と話している

中国製食品:冷凍インゲンに農薬 ジクロルボス、基準3万4500倍−−東京・八王子 ◇一時入院
 厚生労働省は15日、ニチレイフーズ(東京都中央区)が中国から輸入した冷凍食品「いんげん」から、食品衛生法の基準の約3万4500倍にあたる農薬ジクロルボスが検出されたと発表した。このインゲンを食べた東京都八王子市内の50代の女性が唇のしびれなどを訴えたが、命に別条はなく、同様の被害の訴えはないという。

 八王子市保健所によると、女性は今月11日夜、八王子市南大沢の「イトーヨーカドー南大沢店」でこの商品を購入。翌12日夜に食べたところ、異様なにおいと味がしたため吐き出した。女性は口や唇のしびれと胸の不快感を訴えて病院に運ばれたが、2〜3時間で症状が回復した。

 都健康安全研究センターが調べたところ、ジクロルボスを6900ppm(基準0・2ppm)検出した。ただし、未開封の同一ロットの製品からはジクロルボスは検出されていない。

 都によると、この商品は1袋250グラム入りで、07年8月1日に中国山東省の業者が冷凍加工。国内では、同一ロットの商品がイトーヨーカ堂と系列店で少なくとも7万袋が流通していたが、13日から販売を中止している。

 この中国の業者からは昨年10月以降、冷凍インゲンが約265トン輸入されているという。

 ジクロルボスは農薬や家庭用殺虫剤などに使われる有機リン系殺虫剤。厚労省によると、米環境保護局が「人が口から摂取した後24時間以内に健康に悪影響を示さない」と推定する基準は、体重1キログラム当たり0・008ミリグラム。体重60キロの人の場合、今回と同濃度の冷凍インゲンを0・07グラム食べただけで、この基準に達するという。

毎日新聞 2008年10月15日 東京朝刊

<丸大食品>菓子に汚染牛乳混入の疑い 中国子会社が製造9月20日

ニチレイ
http://www.nichirei.co.jp/

ニチレイ - Wikipedia

「【中国製インゲン】相馬社長「中国との取り引きやめない」ニチレイフーズ会見(3)完」事件です‐事件ニュース:イザ!
posted by 夢見るまま at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

<丸大食品>菓子に汚染牛乳混入の疑い 中国子会社が製造

<丸大食品>菓子に汚染牛乳混入の疑い 中国子会社が製造9月20日12時32分配信 毎日新聞


 中国の大手乳製品メーカーが製造した牛乳に化学物質メラミンが混入し、中国で死者が相次いでいる事件で、丸大食品(大阪府高槻市)は20日、このメーカーが製造した牛乳が使われていた製品があったとして、3製品を回収することを決めた。

混入の有無については検査機関に分析を依頼しており、健康被害は今のところ報告されていないという。

 丸大食品によると、この牛乳が使われていたのは、▽「クリームパンダ」▽「抹茶あずきミルクまん」▽「グラタンクレープコーン」の3品。

 いずれも中国山東省にある同社の現地子会社が製造して輸入している。
中国の大手乳製品メーカー「伊利集団」から牛乳を購入し、まんじゅう皮のつなぎ材料などとして使用していたという。

 中国国内で伊利集団などの牛乳からメラミンが検出されたことが報道されたのを受けて同社が調べたところ、購入が判明したため回収を決めた。
同社は「メラミンの混入は確認されていないが、念のために回収することを決めた」としている。

 中国の粉ミルク汚染事件を巡っては、中国甘粛省蘭州市の医師が今月8日、同じ粉ミルクを使っていた乳児14人が腎臓結石の治療を受けたと公表。その後、全国で被害が報告され、5人が死亡、患者は6200人を超えた。

 河北省石家荘市の大手乳製品メーカー「三鹿集団」が05年4月から粉ミルクにメラミンを混入していたことが原因と判明。中国政府の検査の結果、伊利、蒙牛など大手乳業メーカーを含む21社の粉ミルク製品からもメラミンが検出された。さらに、大手乳業メーカー3社の牛乳からもメラミンが検出され、国民の不安が広がっている。

 18日までに三鹿集団の元代表や搾乳業者ら計18人が逮捕・拘束されたほか、石家荘市党委員会副書記が免職になった。また、被害者や弁護士が製造業者と政府機関を相手取り、集団訴訟を準備している。

 【ことば】メラミン

 無色固体の有機窒素化合物。耐熱、耐水に優れ、食器やボタン、接着剤などに用いられるメラミン樹脂の主原料。07年、米国などに輸出された中国製ペットフード原材料にメラミンが混入しており、犬や猫が腎不全などで死亡する事故が起きたことが発覚。商品内のたんぱく質含有量を多くみせるために混ぜられていた。

丸大食品株式会社(まるだいしょくひん)は大阪府高槻市に本社を置くハムやソーセージなどの食肉加工品のほか、各種惣菜類を製造・販売する食品メーカーである。日本ハム、伊藤ハム、プリマハムと共に大手4社の一角に含まれる。

キャッチコピーは「おいしさ新鮮」。

主なCM
わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(丸大ハム)

大きくなれよ〜(丸大ハンバーグ)

丸大ウインナー

ハムの人(ギフト)

丸大食品 - Wikipedia

中国製あん、農薬検出されず=卸業者、回収作業進める−長野
中国製あんで2人嘔吐、おはぎ製造中に異臭し味見後…長野
posted by 夢見るまま at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国製あん、農薬検出されず=卸業者、回収作業進める−長野

中国製あん、農薬検出されず=卸業者、回収作業進める−長野9月20日21時45分配信 時事通信


 長野市の菓子店「丸生本店」で、従業員2人が仕入れたあんを味見し嘔吐(おうと)などを訴えた問題で、長野県警は20日、科学捜査研究所の分析の結果、有機リン系の農薬類などは検出されなかったことを明らかにした。
 また、長野市保健所も検査で農薬やヒ素などの毒物は検出されていないとした。科捜研、保健所とも引き続きあんの詳しい分析を進める。
 一方、中国の工場からあんを輸入していた食品卸業者「丸冨士」(長野市)は、「万一お客様に被害があってはいけない」として、回収作業を急いでいる。 

2人嘔吐の中国製あん、2・7トン回収へ…毒物検出されず9月20日22時31分配信 読売新聞


 長野市南高田の菓子製造業「丸生(まるせい)本店」で、粒あんを味見した従業員2人が手足のしびれなどを訴えた問題で、納入した卸会社「丸冨士」(長野市)は20日、中国・青島(チンタオ)の工場「青島冨士嘉(ジャ)食品有限公司」から輸入した粒あん136箱(約2・7トン)の回収を始めた。

 また、長野県警科学捜査研究所と長野市保健所の20日までの検査では、残っていた粒あんなどから農薬や毒物は検出されなかった。

最終更新:9月21日1時49分

中国製あんで2人嘔吐、おはぎ製造中に異臭し味見後…長野
<中国産あんこ>味見した従業員が手足のしびれ 長野

おはぎの作り方(1)

おはぎの作り方(2)
posted by 夢見るまま at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。