2010年08月11日

大流行終息を宣言=新型インフル、14カ月ぶり解除―累計死者1万8千人・WHO

大流行終息を宣言=新型インフル、14カ月ぶり解除―累計死者1万8千人・WHO8月10日22時36分配信 時事通信

 【ジュネーブ時事】世界保健機関WHO)のマーガレット・チャン事務局長は10日、電話会見を開き、新型インフルエンザの世界的な大流行(パンデミック)が終息期に入ったと宣言した。2009年6月11日にWHOがパンデミックの発生を宣言して以来、1年2カ月ぶりの解除となった。
 チャン事務局長は同日開いた専門家による緊急委員会の討議結果を踏まえ、「新型インフルエンザの世界的な感染状況は、大流行期に見られた状況から大きく変わった」と指摘。新型インフルエンザの警戒水準が「もはや、(パンデミックを意味する最高の)フェーズ6ではなく、ポスト・パンデミック(大流行の終息期)に入った」と言明した。
 他方で、「新型インフルエンザ・ウイルスがなくなったわけではない」とも語り、今後数年間は通常の季節性インフルエンザとして流行し続けると予想。当面は、警戒態勢を過度に緩めることなく、ワクチン接種などの対策を引き続き講じるよう求めた。
 WHOによれば、新型インフルエンザの感染は8月1日時点で214カ国・地域で確認され、累計死者数は1万8000人以上。新型インフルエンザは09年3月にメキシコでの感染例が初めて報告された当初、米国を含めた北米地域を中心に猛威を振るい、急速に世界中に広がったが、感染者の大半は通常のインフルエンザと同程度の症状にとどまってきた。 

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策

2010年06月18日

新型インフル、さらに変異=豚の体内で、監視必要―香港大など

新型インフル、さらに変異=豚の体内で、監視必要―香港大など6月18日3時4分配信 時事通信

 昨春登場した新型インフルエンザウイルスが豚に感染してさらに変異していることを、香港大などの研究チームが確認し、18日付の米科学誌サイエンスに発表した。今後、人に病原性の高いウイルスが生まれる可能性もあり、研究チームは豚インフルの監視を強める必要があるとしている。

 インフルエンザウイルスは動物種が異なると感染しにくいが、豚は人や鳥のウイルスにも感染するため、体内で遺伝子の組み換えが起き、新型の発生源になるとされる。

 研究チームは、昨年6月から今年2月の間に香港の豚から検出された32種類のインフルエンザウイルスの遺伝子を系統的に解析した。この結果、10種が新型、6種が従来の豚インフルだった。
 残り16種類は遺伝子が組み換わったタイプで、このうち今年1月に見つかったものは新型の遺伝子を持っていた。感染した豚には軽い症状が出た。

 豚には、致死率が高い高病原性のH5N1型鳥インフルエンザが感染した例もある。研究チームは、今回の新型は比較的病原性が低いが、豚の体内で遺伝子が組み換わり、有害なウイルスになる可能性があるとしている。 

1. 国立感染症研究所 - パンデミック(H1N1)2009

★★★

アルゼンチン、韓国に大勝…メッシの活躍光る

長友、再び強敵封じへ=エトー抑えて自信〔W杯〕
)FW大久保、トリックプレーやるかも…

2010年04月01日

新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省

新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省4月1日0時31分配信 読売新聞

 厚生労働省は31日、新型インフルエンザの流行について「現時点では沈静化している」として、第一波が事実上、終息したとの見解を示した。

 同省が同日開いた専門家会議で、長妻厚生労働相の談話として発表した。会議では今後、ワクチンや水際対策など6項目の政策について検証。再流行などに備え、結果を6月中にまとめる。

 ワクチンは、スイス・ノバルティス社から輸入した234万回分(30億円)が同日、出荷しないまま使用期限を迎えた。同省は廃棄方針を示している。 最終更新:4月1日0時31分

1. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報
3. 新型インフルエンザ対策
4. influenza.jp | 新型インフルエンザ
5. 新型インフルエンザ関連情報(H1N1)2010 / 財団法人 労働科学研究所

2010年03月01日

インフル沈静 マスク減産 花粉量予想少なめ 在庫一転膨らむ

インフル沈静 マスク減産 花粉量予想少なめ 在庫一転膨らむ3月1日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

新型インフルの沈静化や生産過剰でマスク生産縮小が相次いでいる=茨城県古河市の日本バイリーン東京工場

 マスクメーカーが相次ぎ生産を縮小し、新型インフルエンザ特需に一服感が広がっている。大手の白元(東京都台東区)が2月から生産をストップし、ユニ・チャームも今年に入り協力工場への委託生産量を昨秋のピーク時に比べ1割以上減らした。マスクは新型インフルの感染が拡大した昨春以降、店頭で品薄が続いていたが、各社の増産や新規参入も相次ぎ、メーカー在庫が一転して膨らんだためだ。ここにきて家庭内在庫や企業の備蓄が進んだこともある。

 足元の新型インフルも落ち着き、今年は花粉の飛散量が少ないとの予測で、花粉対策の需要も見込めず、メーカー在庫の解消は秋ごろまで長引きそうだ。

 白元は、昨秋に中国・深センの工場を増強し、生産能力を春先に比べ3倍に拡大し、需要増に対応していた。しかし、その後販売が落ち込み、今年に入り生産量を増強前と同じ水準に戻したが、在庫増加に歯止めがかからず、2月からは生産休止を余儀なくされた。余剰人員は、需要が堅調な携帯用カイロなどの生産に振り向け、業績への影響を最小限におさえる。

 ユニ・チャームも岡山市の工場に委託しているマスクの生産量を1月以降、昨秋に比べ1〜2割減らした。昨秋に委託生産量をそれ以前の3倍に増やしたことが在庫積み増し要因になった。日本バイリーンも年明けから東京工場(茨城県古河市)の生産を縮小。昨秋の休日返上、3交代・24時間フル操業から、平日のみ・交代なしの態勢に変更し、生産量はピーク時の3分の1程度に減ったもようだ。

 全国マスク工業会によると、昨年10〜12月は前年同期に比べ3.8倍の約15億4500万枚が生産された結果、12月には、大幅な供給過剰に陥り、年末の在庫は同8.57倍の約6億8000万枚にまで膨らんだ。

 今年の花粉飛散量は全国的にやや少なめで、花粉対策の販売増もあまり期待できない。

 在庫が予想以上に膨らんだ背景には、大手ドラッグストアなどがプライベートブランド(PB、自主企画)商品の店頭在庫を抱えていることもある。このため、「国内メーカーの商品販売が後回しにされる」(マスクメーカー)との警戒感も広がる。マスク工業会は「過剰在庫の解消は来シーズンに向けた生産が本格化する秋以降になる」とみており、在庫解消は長期化しそうだ。(井田通人)

米女子ゴルフ宮里藍が開幕2連勝

2010年02月26日

インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減

インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減2月26日12時9分配信 医療介護CBニュース

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、2月15-21日の週は1.76で、前週から1.05ポイント減ったことが26日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。定点当たり報告数の減少は4週連続で、警報レベルを超える保健所地域が無くなった。

 注意報レベルのみを超えたのは3保健所(北海道、東京、佐賀で各1)。

 定点当たり報告数は、山形と新潟を除く45都道府県で前週より減少した=表=。最多は福井(5.19)で、佐賀(4.64)、沖縄(3.69)、富山(3.57)、新潟(3.24)の順。福井を除く46都道府県が5.0を下回った。一方、最少は愛媛(0.51)で、このほか香川(0.72)、北海道(0.73)、広島(0.79)、山口(0.80)が少なかった。

 定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週から6万人減の約9万人。

★★★

五輪フィギュア 浅田が銀メダル、安藤5位 ヨナ優勝
真央、銀メダルに号泣「悔しいです」/フィギュア

バンクーバーオリンピック(2010.2/13〜)

2010年01月26日

予想外?輸入ワクチンの余剰 ココログニュース:@nifty

予想外?輸入ワクチンの余剰 ココログニュース:@nifty
- 2010.01.25 11:00

2009年、全国で猛威をふるった新型インフルエンザのワクチン予防接種には優先順位が設けられていたが、優先接種が一段落し、1月中旬ごろからは全国民が接種の対象となっている。しかし、ここへきて流行が静まりつつあることから接種する人が減少し、不足すると予想されていた国産ワクチンに余裕が出てきた。1月20日付で輸入ワクチンの国内販売が承認されたが、このまま流行が終息すれば、9900万回分の輸入ワクチンは使われない可能性も出てきている。

せっかく輸入しても需要が無くなってしまうという状況に、「こういうものは予測が難しいだろうが、9900万回分とは」、「結局、輸入ワクチン費用1126億円は無駄になる」など、税金の無駄遣いと感じる人も少なくない。一方、感染が広まる中でワクチンを接種できないという状況より「余るほど確保できたことを評価すべき」という声もある。

結果的にワクチン需要が予想を下回ることになったのは幸いだが、今回の新型インフルエンザ対策において、「行政は後手後手に回り、いちばん欲しいときにワクチンがなかった」という人も。『Before Dusk』のブロガーは「もし強毒性の場合は世界はもっともっと混乱し、緊急輸入などといった甘い対応は決してできなかったはず」と指摘し、今回の騒動を“終わったこと”にせず、「一連の対策の中で見えてきた課題をしっかり振り返って、必要な対策はしっかりお金をかけて行なって欲しい」と訴える。

感染が拡大し始めた当初の大騒動も“喉もと過ぎれば”になっている感があるが、次の流行に備えて、効果的な体制づくりへの取り組みが望まれる。

(葉)

★★★

『アバター』ついにギネス抜く!『タイタニック』を超え全世界興行収入1位に
福山雅治の“同僚”上野樹里が大河ドラマ主演上野樹里、11年大河「江〜姫たちの戦国〜」主演に抜てき!

栄倉奈々が新ドラマPR「イジメが題材」

2009年12月28日

インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる−感染研

インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる−感染研12月28日13時4分配信 時事通信

 今月14日から20日に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり22.44人で、3週連続で減少したことが28日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。感染研は「いったんピークを過ぎつつあるが、1月以降、本格的な流行が再び到来する可能性も考慮する必要がある」としている。
 1週間の全国の推計患者は約107万人で、夏以降の累計は約1653万人。検出されるウイルスは依然、ほとんどが新型。
 都道府県別では、福井(43.22)、宮崎(41.81)、福島(38.99)、愛媛(33.51)、岐阜(32.90)の順に多い。福島、山梨、沖縄を除く44都道府県で前週より減少した

)北・東日本は大荒れに=年末年始の天気予報−気象庁

★★★

中野美奈子アナ結婚へ お相手は34歳の医師 「とくダネ!」は継続

五輪代表に高橋、真央ら=フィギュアスケート〔五輪・関連〕

女子アナが××のバイト!? 地方局のお寒〜い懐事情

濃厚から“淡麗”へ!2010年はラーメン新時代が到来

年末集中連載【AKB48の光と影】美少女たちの努力と絆──徹底検証「AKB48はなぜ売れたのか?」(日刊サイゾー)

2009年12月18日

インフル、7週間ぶり警報レベル下回る

インフル、7週間ぶり警報レベル下回る12月18日12時34分配信 読売新聞

 国立感染症研究所は18日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(12月7〜13日)に新たに受診した患者数が1医療機関当たり27・39人で、2週連続で減少し、7週間ぶりに警報レベルを示す30人を下回ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザと見られ、感染研は「流行のピークを過ぎつつあると考えられる」としている。

 1週間の累計患者数は約132万人で前週(11月30日〜12月6日)の約150万人からは約18万人減。7月上旬以降の累計患者数は約1546万人となった。

 都道府県別の1医療機関当たりの患者数は、宮崎55・51人、福井53・78人、徳島39・59人など。41都道府県で前週を下回った。 最終更新:12月18日12時34分

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★インフルエンザ脳症

. 小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
2. インフルエンザ脳症
3. (7)インフルエンザ脳症
4. 小さないのち http://www.chiisanainochi.org/
5. インフルエンザ脳症 - Wikipedia

2009年11月28日

世界の「新型」死者、1週間で最多の1000人超増

小児用タミフルが足りない
2009年11月28日(土)17時4分配信 共同通信

 新型インフルエンザの感染が子どもを中心に広がる中、抗インフルエンザ薬タミフルの小児用ドライシロップが全国的に品薄になっている。

成人用カプセルの中身を小分けして処方もできるが、苦くて子どもにはのみづらい。医療現場ではアイスクリームに混ぜてのませるなど“あの手この手”を指導している。

タミフルは成人にはカプセル剤が、子どもには甘みを加えた顆粒状のドライシロップが主に処方される。

世界の「新型」死者、1週間で最多の1000人超増11月28日10時31分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関WHO)は27日、世界の新型インフルエンザによる死者数が22日時点で7826人となり、前回15日集計の数字から1週間で1056人増えたと発表した。

 1週間の死者数としてはこれまでで最多となった。

 地域別では、北米・中南米が5360人(1週間で554人増)、東南アジア738人(同28人増)、欧州650人(同300人増)、日本を含む西太平洋地域が644人(同31人増)など。欧州で死者が急増している。 最終更新:11月28日10時31分

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★インフルエンザ脳症

. 小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
2. インフルエンザ脳症
3. (7)インフルエンザ脳症
4. 小さないのち http://www.chiisanainochi.org/
5. インフルエンザ脳症 - Wikipedia

2009年11月27日

累計1千万人超える―新型インフル推計患者数

累計1千万人超える―新型インフル推計患者数
11月27日13時19分配信 医療介護CBニュース

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、11月16-22日は38.89だったことが、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週の35.15より3.74ポイント増えた。

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は前週より9万人多い約173万人。患

者報告数が増え始め、検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型インフルエンザになった7月6-12日の週以降の累計の推計患者数は約1075万人で、1000万人を超えた。

 都道府県別では、大分(77.21)、福井(71.25)、石川(65.02)、山口(64.31)、福岡(58.23)などの順=表=。38府県で前週よりも増加し、全都道府県が20.0を、41府県が30.0を超えた。
 警報レベルを超えたのは416保健所(47都道府県)で、前週の364保健所の1.14倍に増えた。注意報レベルのみを超えたのは109保健所(35都道府県、前週156保健所)。

2009年11月21日

インフル患者、国民14人に1人=死亡例は発症から平均5.6日−厚労省

インフル患者、国民14人に1人=死亡例は発症から平均5.6日−厚労省11月20日22時59分配信 時事通信

 厚生労働省は20日、新型インフルエンザ患者の発生動向をまとめ、医療従事者の参考用にホームページ上で公表した。今月中旬までに国民の14人に1人が新型インフルエンザを発症し、患者が死亡する割合は14万人に1人としている。

 それによると、今月15日までの約4カ月間に医療機関を受診した患者数は、国民14人に1人に相当する約898万人と推計。入院患者の16人に1人が重症化し、患者が死亡する割合は14万人に1人とみられる。

 報告された50人の死亡例を分析したところ、発症から死亡まで平均5.6日だった。入院が必要と判断されてからは平均3.7日と短期間で亡くなっており、同省は死亡に至る経過について、細菌性肺炎を合併する季節性インフルエンザとは異なる要因が考えられるとした。 

インフル定点当たり35.15、新型発生以降で最高11月20日13時0分配信 医療介護CBニュース

インフル定点当たり35.15、新型発生以降で最高

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、11月9-15日は35.15だったことが、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。祝日が1日あった前週の32.76、祝日のない2週前の33.28より増え、新型インフルエンザの発生以降では最高となった。定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は約164万人(前週153万人)。

 都道府県別では、愛知(58.70)、大分(53.64)、石川(49.77)、山口(48.68)、新潟(46.98)などの順=表=。鳥取以外の46都道府県で20.0を超えた。30.0を超えたのは36府県で、前週の35道県より増えた。北海道、東京、大阪、福岡などの大都市圏を含む13都道府県で減少した。

 警報レベルを超えたのは364保健所(46都道府県)で、前週の300保健所の1.21倍に増えた。注意報レベルを超えたのは156保健所(42都道府県、前週207保健所)。

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★インフルエンザ脳症

. 小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
2. インフルエンザ脳症
3. (7)インフルエンザ脳症
4. 小さないのち http://www.chiisanainochi.org/
5. インフルエンザ脳症 - Wikipedia

2009年11月19日

新型インフル、気温低下で拡大の恐れ…厚労省

「エコポイント」来年末まで延長検討…経産省

新型インフル、気温低下で拡大の恐れ…厚労省11月18日20時21分配信 読売新聞

 厚生労働省は18日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所が、今月8〜14日の1週間で1万7210施設に上ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザによるものとみられ、祝日が影響して少なかった前週(1〜7日)からは2061施設増えたが、これまでのピークだった前々週(10月25〜31日)よりは612施設下回った。

 施設別でみると、小学校が9644校で最も多く、次いで中学校3516校、高校1843校、幼稚園1363か所、保育所554か所など。地域別では、流行が広がっていた大都市圏が横ばいか減少傾向にある中、その周辺では増加が目立った。

 厚労省は「増加と減少が相半ばして全国的には高止まりの状態にある。気温が下がるにつれて感染が再び拡大する恐れがあり、引き続き感染の予防が大切になる」と呼びかけている。 最終更新:11月18日20時21分

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★インフルエンザ脳症

. 小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
2. インフルエンザ脳症
3. (7)インフルエンザ脳症
4. 小さないのち http://www.chiisanainochi.org/
5. インフルエンザ脳症 - Wikipedia


★★★

<長谷川京子>女優業に悩んだ時期も 出産後初ドラマ「エンゼルバンク」で真々子再び

仲間由紀恵の熱愛報道に所属事務所がコメント 「仲の良い友人の一人」
仲間由紀恵初ロマンス13歳上の俳優と

山田涼介、連ドラ単独初主演「左目探偵−」
<NHK>「朝ドラ8時」検討…生活習慣変化、視聴率が低迷

女性が選ぶ「なりたい顔」、松嶋菜々子が初の首位
山P、また月9主演…「コード・ブルー」続編
永井金太郎復活!「サラリーマン金太郎」続編決定

★★★

2009年11月10日

新型インフル、生後7か月の男児死亡…愛知

新型インフル、生後7か月の男児死亡…愛知11月9日18時24分配信 読売新聞

  愛知県は9日、新型インフルエンザに感染した同県犬山市の生後7か月の男児が死亡したと発表した。

 男児に基礎疾患はなかった。厚生労働省によると、国内の死者は、疑い例も含めて54人目で、最年少。

 県によると、男児は8日夜に機嫌が悪くなり、9日午前6時20分頃、呼吸をしていないのに家族が気付き、119番した。救急隊が到着した時には心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。肺炎や脳炎を起こした形跡はなく、直接の死因は不明という。

 双子の兄に発熱などの症状があり、A型インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。両親も数日前からかぜの症状があったという。 最終更新:11月9日18時24分

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年11月07日

新型インフル死者6000人超す…WHO発表

新型インフル死者6000人超す…WHO発表11月7日10時33分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関WHO)は6日、世界の新型インフルエンザによる死者数が1日時点で、6071人に達したと発表した。

 前週より359人増えた。地域別では、北米・中南米が最も多く4399人、東南アジア661人、日本を含む西太平洋地域が498人の順。 最終更新:11月7日10時33分

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

★★★

高岡由美子が離婚明かした本田氏に激怒

2009年11月06日

新型インフル流行、初めて警報レベルに

新型インフル流行、初めて警報レベルに11月6日3時4分配信 読売新聞

 国立感染症研究所が全国約5000医療機関を対象に行っている定点調査で、最新の1週間(10月26日〜11月1日)に新たに受診したインフルエンザ患者が、1医療機関当たり約33人(速報値)となったことが5日、分かった。

 ほとんどが新型インフルエンザとみられ、全国平均が警報レベルの30人を超えたのは新型の流行後では初めて。厚生労働省が6日に発表する。

 前週(10月19〜25日)の24・62人からは約1・3倍。都道府県別でも、すべての都道府県で初めて注意報レベルの10人を超え、21道府県で警報レベルの30人を超えた。これまで、大都市部を中心に感染が広がっていたが、全国で流行が本格化している。 最終更新:11月6日3時4分

インフル予防に「塩うがい」唾液中免疫物質の効果に着目!

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年11月02日

妊婦らの新型ワクチン接種開始、注意点は?

妊婦らの新型ワクチン接種開始、注意点は?11月2日16時16分配信 読売新聞

 妊婦や基礎疾患(持病)がある人を対象にした新型インフルエンザのワクチン接種が2日午前、青森、宮城、滋賀の3県などで始まった。

 読売新聞の調べでは、この日から接種を開始するのは17県。先月30日から行っている3県と合わせて計20県で接種が本格スタートすることになる。妊婦や基礎疾患患者が接種を受ける際の注意点をまとめた。

 ――基礎疾患のある人の注意点は?

 発熱時や、持病とは別に急性の疾患にかかっている時は接種できないことがある。けいれんや気管支ぜんそくの症状がある人、過去の予防接種で発熱したことがある人は、医師と十分に相談を。国産ワクチンの製造には鶏卵を使っているため、卵アレルギーの人も相談しよう。

 ――妊婦も接種できるの

 国産の季節性インフルエンザ用ワクチンは、妊婦への接種を原則認めていなかったが、厚生労働省は10月、季節性用、新型用ともに接種可能とする方針を示し、妊娠週に関係なく接種できるようにした。妊婦の副作用や胎児に影響が出る危険性はないとの研究結果を受けたものだ。

 ――ワクチンに入っている保存剤は大丈夫

 海外で過去に胎児の発達障害との関連性が指摘されたことがあるが、その後の研究で否定された。それでも気になる妊婦は11月中旬以降、保存剤が入っていないワクチンも供給されるので、どちらか選んでほしい。

 ――接種するには

 医療機関への予約が必要。かかりつけ医以外で接種する場合、持病のある人は「優先接種対象者証明書」を、妊婦は母子健康手帳を、接種する機関で提示する。

 ――副作用は

 人によって接種部位が腫れたり、赤くなったりする。まれに意識低下やショック症状が出るが、生命が危険になるほどの副作用は今のところ確認されていない。 最終更新:11月2日16時16分

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

新型インフルで3人死亡=最年少2歳女児も、計43人に

新型インフルで3人死亡=最年少2歳女児も、計43人に11月1日17時51分配信 時事通信

 盛岡市は1日、新型インフルエンザに感染した同市の2歳女児が死亡したと発表した。厚生労働省によると、新型インフルの死者で最年少。また兵庫県は伊丹市の小学2年の女児(8)が、京都市は右京区の30代前半の女性会社員が、それぞれ死亡したと発表。国内の新型患者の死者は疑い例も含め計43人となった。
 盛岡市保健所によると、女児は先月29日夜に発熱。呼吸が停止したため、同日、市内の病院に入院した。リレンザ投与などを受けたが、1日朝に死亡した。死因は多臓器不全で、基礎疾患はなかった。
 兵庫県によると、女児は先月31日朝に発熱し、タミフルを処方され帰宅したが、午後3時ごろにけいれんを起こして心肺停止状態に。同4時半に市内の病院で死亡が確認された。基礎疾患はなく、死因は心不全と推定。女児は30日は元気に登校していたという。
 また京都市によると、女性は先月30日昼に発熱があり診療所で風邪薬などを処方された。熱が続いたため31日夕にタミフルの処方を受けたが、同日夜、歩行困難となり1日朝病院で死亡した。基礎疾患は調査中だが、先月にぜんそくで病院を受診したという。市は病理解剖して死因を調べる。 

新型インフル、休日診療に殺到…8時間待ちも11月1日3時13分配信 読売新聞

新型インフルの診察待ち患者が歩道まで並んだ札幌の医療機関

 新型インフルエンザの流行拡大で、休日診療を担う各地の医療機関が悲鳴を上げている。

 平日と異なり、地域の病院や診療所の多くが休診となるため、患者が集中し、長蛇の列ができることも。各自治体は医師をやりくりして休日当番の医療機関を増強するなど対応に追われている。

 9月下旬から新型患者が急増した東京・江戸川区では原則、日曜と祝日に同区中央の区医師会館に「休日急病診療」を開設し、当番の内科や小児科の医師2人が診療にあたる。10月18日からは小児科医を1人増やして3人態勢にした。体育の日の12日に前年の約5倍の268人が受診し、その多くが小中学生や幼児だったからだ。

 18日は区医師会の玉城繁副会長ら3医師が185人を診察したが、待合室は患者でいっぱいになり、車の中で待つ人も。昼食を5分で済ませて診察を続けたという玉城副会長は「終わった時は疲労で放心状態になった。今後も患者が増え続ければ、対応しきれるかどうか……」と不安を募らせる。

 世田谷区は小児科の休日診療所を3か所設置。9月20〜23日の連休は1日平均約300人と昨年の倍近い患者が受診した。あまりの混雑ぶりに、待合室で感染が広がる懸念もあるとして、近所の人は受け付け後に一度帰宅してもらい、診療前に電話で呼び出す対応をとった。

 流行が本格化している北海道。札幌市は10月4日から、小児科の休日当番を2か所増やして5か所にしたが、11、12日の連休は「現場がパンクした」(市の担当者)。特に、計約1500人が詰めかけた11日は、待合室に入れない患者が歩道に並び、午前に受け付けた患者が診察まで「8時間待ち」という所もあった。

 同市は医師会に依頼し、18日の日曜は休日当番を8か所にし、あふれた患者を診る「後方支援病院」も3か所設けた。これで1か所あたりの患者数は緩和されたが、今度は医師が悲鳴を上げた。

 市小児科医会の山中樹会長は「平日でさえ100人以上の患者を診察し、医師の疲れはピークに達している。この態勢を維持するのは困難」と懸念する。

 すでに8月に流行期を迎えた沖縄県。ピーク時の休日には、救急窓口のある中核病院に新型患者が殺到し、他の患者の診療に支障が出かねない状態になった。

 県は今後の第2波に備え、協力してくれる診療所の小児科医らを中核病院の救急窓口に集中配置するほか、患者の電話相談に応じる臨時職員の採用も検討している。 最終更新:11月1日3時13分

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年10月29日

インフルで休校・閉鎖急増、最多の1万4千施設

インフルで休校・閉鎖急増、最多の1万4千施設10月28日19時44分配信 読売新聞

 厚生労働省は28日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や保育所、幼稚園が18〜24日の1週間で、1万3964施設に上ったと発表した。

 前週(11〜17日=8534施設)の約1・6倍。ほとんどが新型インフルエンザとみられる。1973年の調査開始以降、初めて1万施設を超え、過去最多となった。

 内訳は小学校7483、中学校3938、高校1289、幼稚園866、保育所225――など。厚労省は「小中生を中心に感染が拡大。都市部を中心に流行が本格化しているようだ」としている。 最終更新:10月28日19時44分

新型インフルによる脳症50人に…7歳最多

★★★新型インフルエンザ

1. 厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

2. 新型インフルエンザ対策
3. 新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
4. 2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia
5. 感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>

2009年10月22日

新型インフル 都内で3歳男児が死亡 国内最年少 

新型インフル 都内で3歳男児が死亡 国内最年少 

東京都は22日、都内在住の3歳男児が、新型インフルエンザに感染して死亡したと発表した。都内で死者が出たのは3人目で、3歳児の死亡は国内最年少となる。

 都内では、今月13日に4歳男児、6日にも5歳男児が、いずれもインフルエンザによる脳炎で死亡している。(産経新聞)

新型インフル、休校や学級閉鎖32%増10月21日23時38分配信 産経新聞

 新型インフルエンザで休校や学級閉鎖などを行った小中高校などが、17日までの1週間で8534施設にのぼり、前週(6476施設)より32%増加していたことが21日、厚生労働省の調べで分かった。厚労省は「月曜日が体育の日で休みだったにもかかわらず増えている」と警戒している。

  施設別では小学校が4759校。中学校2405校、高校618校、幼稚園567園、保育園109園、養護施設76施設だった。

 また、20日までの1週間に報告された入院患者は445人。依然として5〜9歳が最も多く181人で、41%を占めている。

新型インフルエンザ対策関連情報 - 厚生労働省

新型インフルエンザ(H1N1)対策関連情報 - Yahoo!ヘルスケア

2009年10月16日

新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える

新型インフル 全国平均「注意報」レベル超える10月16日11時35分配信 産経新聞

 新型インフルエンザの流行状況について、厚生労働省の足立信也政務官は16日の閣議後会見で、11日までの1週間に全国約5千カ所の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者が、1医療機関あたり12・92人となり、前週(6・40人)からほぼ倍増したと発表した。同日午後にも国立感染症研究所が詳細を公表する。

  定点あたりの人数が10人を超えると、今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性がある「注意報」が出される。これまでも大都市圏を中心に注意報が出た地域はあったが、全国平均で注意報レベルを超えたことになる。

 足立政務官によると、北海道や神奈川県、愛知県などで増加が顕著という。厚労省が今週、自治体に聞き取り調査を実施したところ、「北海道では300人以上が医療機関に集中し、診療が深夜に及ぶなどの深刻な事態も生じている」(足立政務官)という。

 「念のために受診した」というケースも多く、足立政務官は「医療機関が混雑することで、ほかの重症患者への対応が遅れる可能性もある。救急でない場合は夜間救急などの利用は避けるようにしてほしい」と呼びかけた。

厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

新型インフルエンザ対策
新型インフルエンザ - 毎日jp(毎日新聞)
感染症情報センター<パンデミック(H1N1)2009>
2009年新型インフルエンザの世界的流行 - Wikipedia