2015年09月14日

沖縄知事、辺野古埋め立て承認取り消し表明(読売新聞)

2015.9.14(月)
沖縄知事、辺野古埋め立て承認取り消し表明

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、翁長(おなが)雄志(たけし)知事は14日午前、県庁で記者会見し、前知事による移設先の埋め立て承認を取り消す考えを表明した。

政府が移設作業を12日に再開したことを受け、移設阻止を目指して対抗措置に踏み切った。埋め立ては、2013年12月、仲井真弘多(ひろかず)・前知事が承認。この手続きについて、翁長氏の私的諮問機関である第三者委員会は今年7月、「法的な瑕疵(かし)がある」とした報告書を翁長氏に提出していた。

政府は今後も作業を継続する方針。承認取り消しに対しては、行政不服審査法に基づく不服審査請求を行うなど、法的措置を検討している。


posted by 夢見るまま at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。